ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5の主要部品のコストは試算するとおよそ450ドル程度にはなるだろうとした噂が浮上、ソニーが利益をどれ位取るかによって価格が決まる



PS5の主要部品のコストは試算するとおよそ450ドル程度にはなるだろうとした噂が浮上、ソニーが利益をどれ位取るかによって価格が決まるとしており、今後どういう選択肢を持つのか気になるところですね。


PS5の費用はいくらですか?それは、ソニーが次世代機の価格を下げるまで答えを知らないという質問ですが、興味深い新しい噂は、コンソールが当初の計画よりも高価になる可能性があることを示唆しています。

噂はブルームバーグから来ており、匿名の情報源を引用しています。記事によれば、PS5の製造コストは、DRAMおよびNANDフラッシュメモリのために上昇している可能性があります。次世代スマートフォンのために、コンポーネントはおそらく需要が高いと思われます。言い換えれば、ソニーはPS5用のこれらの部品の安定した供給を確保するために、より多くを払わなければならないかもしれません。

また、製造コストの上昇により、ソニーはPS5の小売価格を引き上げなければならない状況に追い込まれる可能性があります。これらのコンポーネントを考慮すると、1つのPS5の推定製造コストは約450ドルです。潜在的に、これは、ソニーがユニットごとにどのくらいの利益を望んでいるかに応じて、次世代コンソールの価格が500ドルに近づくことを意味します。

ただし、ソニーはコンソール販売だけで利益を得ようとはしていません。PlayStation Networkは絶対的な財産であるということを忘れないでください。ソニーがシステムを人々の家に持ち込み、主にソフトウェアの販売を通じて巨額の利益を生み出し続けることができるように、PS5を損失で売ろうとすることはサブスプリクションで可能です。

ただし、この時点では、PS5が安くはないと想定するのがおそらく安全です。このうわさを片側に押し付けたとしても、コンソールが印象的なセールスポイントを誇っていることをすでに知っています。かなり強力なコンポーネントを必要とするセールスポイントです。


関連リンク

噂はブルームバーグからきているとしており、全くの根拠なしでは掲載しないでしょうから、どこまで値段がするかですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment