ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

近年のニードフォースピードシリーズを手掛けていたゴーストゲームが組織変更によって、別会社に生まれ変わるため、フランチャイズをCriterion Gamesに移管



近年のニードフォースピードシリーズを手掛けていたゴーストゲームが組織変更によって、別会社に生まれ変わるため、フランチャイズをCriterion Gamesに移管したとしていて、以前は作っていた場所に戻ったものですね。



EAは、レースシリーズの最後の4つのエントリを開発したGhost Gamesの再構築を計画しているため、Need for Speedの開発業務をCriterion Gamesに引き渡しました。

イングランドを本拠地とするギルフォードのCriterion Gamesはバーンアウトシリーズで最もよく知られており、2010年のHot Pursuitと2012年のMost Wantedの2つの以前のNeed for Speedタイトルも開発しています。

また、2013年のNeed for SpeedRivals、さらに最近ではDICEゲームであるStar Wars Battlefront IIおよびBattlefield Vにも貢献しました。

スウェーデン連合の承認待ちで、Ghost GamesはEAヨーテボリになり、スタジオは他のスタジオで開発中のプロジェクトをサポートするエンジニアリングハブとして再び焦点を合わせます。

EAは、スウェーデンのスタジオでの30の仕事が危険にさらされていることを確認しましたが、『できるだけ多くの仕事を会社の他の役割に置く』ことを望んでいます。

レーシングゲームへの強い歴史と情熱、そして私たちが創り出せるものに対するビジョンを持って、Criterionチームはニードフォースピードを次世代に取り入れようとしています。

『Ghost Gamesは、プレイヤーにNeed for Speedエクスペリエンスを提供するのに役立ちました。AAAレベルで一貫してそれを実現するには、継続的にサポートし、新しいチームメンバーを参加させることができる場所で、多様なスキルを持つチームが必要です。』

ヨーテボリに数年にわたって独立した開発グループを設立するための最善の努力にもかかわらず、完全なAAAスタジオを維持するために必要な幅広い人材がそこで利用できないことが明らかになりました。

『基準は、今後も新しいNeed for Speedエクスペリエンスを作成し、提供し続けるために必要な一貫したリーダーシップを提供することです。』

『Criterionは素晴らしいスタジオです。彼らの才能あるチームを増やし、Need for Speedの素晴らしい未来を築くことを楽しみにしています。ヨーテボリのエンジニアリングチームは、EA全体で進行中の計画にも不可欠です。』 


関連リンク


EAの組織変更によって、再び白羽の矢がたったのはCriterion Gamesであって、初期ニードフォースピードを手掛けていたところに戻ったものであり、ゴーストゲームズはサポート専門スタジオになるようですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment