ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

コロナウィルスが猛威を振る中、不安視されていたGDCカンファレンスは開催される見通しだと伝える



コロナウィルスが猛威を振る中、不安視されていたGDCカンファレンスは開催される見通しだと伝えていて、中国から世界に向けて拡散している中で、イベントは無事行えるのかどうかというところですね。


2020年のゲーム開発者会議は、進行中のコロナウイルス(COVID19)の発生に対する懸念にもかかわらず、3月に予定どおり開催されます。

しかし、木曜日に発表されたメモでは、GDC主催者は、北米を旅行中の制限により、中国に拠点を置く出展者がイベントに参加できなくなるか、ブースにスタッフを派遣するよう北米人員を強制することを述べました。

これは、今年GDCで開催された550社のうち約10社に上ると指摘しました。

さらに、この制限により、中国を拠点とする会議参加者(総GDC参加者の約2%)は今年は参加しません。

中国本土では数万件のコロナウイルスの症例が確認されており、他の国では約400件の追加症例が確認されています。

GDCは、2020年が『健全なイベント:』であることを保証するための措置を実施します。
水曜日、世界最大の携帯電話ショーであるモバイルワールドコングレスは、主催者がコロナウイルスの発生によりイベントを開催することが『不可能』になったと発表したため、キャンセルされました。MWC 2020は、中国の大きな存在感がありました。


GDCは、2020年のイベントを保証するための物理的対策を実施すると述べました。

これには、交通量の多いエリアでの静電スプレーの消毒の使用、エキスポエリアでの手指消毒ステーションの大幅な増加、および毎日のカーペットの消毒が含まれます。

また、地元のホテルや会場でも清潔さと衛生体制を適切に向上させるために、サンフランシスコトラベルと連携する予定であると述べました。


関連リンク


コロナウィルスが世界的な猛威を振る中で、GDCは開催されるとしており、すでにアウトブレイクが始まっているのではないかと指摘されているので、実際に本当に開催にこぎつけることができるのかどうか?

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment