ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

前作が人気になったロックマンインスパイアゲーの続編が登場『30XX』オフィシャル紹介記事が公開



前作が人気になったアクションゲームの続編が登場『30XX』オフィシャル紹介記事が公開されていて、ロックマン系インスパイアゲーといった感じでしたが、今回はどんな出来になっているのかというところですね。



クラシックなロックマンインスパイアゲーとして、モダンなデザインが取り入れられた30XXは、20XXのMegaroguelikeの基盤の上に構築され、アートディレクターGlauber Kotaki氏(Rogue Legacy、Duelyst、およびChasm)の新しいハイビットアートスタイルや新鮮なセットを含む多数の新機能を備えています。それぞれが独自のアイデンティティ、プラットフォームの仕組み、恐ろしいGuardianを備えた8つの新しい世界を探索します。

審美的なオーバーホールを超えて、20XXのヒーローであるニーナとエースは、無数の新しい能力を持ち帰ります。30XXでは、さまざまな主要な武器を単に使用するだけでなく、強力なペアは完全に異なる移動セットを備えており、レベルの探索とマシンの反撃の両方の表現の自由が大きくなります。

ニーナの新しいパワーフュージョンシステムにより、ボスを倒すことで得た能力を融合し、64の個別の攻撃で身近な状況に合わせて調整することができます。一方、ブレードを振り回すエースは、標準的な攻撃と組み合わせて激しいコンボを解き放ち、あらゆる状況に適応し、新たな高みに到達することができる多彩なテクニックを誇っています。

30XXでは、新しいメタゲーム通貨であるMemoriaを使用して、新しいレベルのローグライクチャレンジと報酬も導入しています。実行中に収集されたMemoriaは、経験を増やし、キャラクターの能力を高め、今後の課題に対する鋭い洞察を与えたり、ステージが他の援助の手をどのように生成するかを変えることができます。特定の基準が満たされたら、エントロピー条件によって、メモリアや他の報酬と引き換えに追加の難易度の追加レイヤーを導入します。


関連リンク





ロックマンぽくてロックマンのいいとこどりをしているので、ゲームは爽快感があって又COOP対応なのもいいですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment