ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

パッチャー先生がPS5とXBOXシリーズXが新型コロナウィルスで発売が遅れることはないだろうと言及



パッチャー先生がPS5とXBOXシリーズXが新型コロナウィルスで発売が遅れることはないだろうと言及していて、その根拠のない自信はどこから来るのかというものであって、その辺はアナリスト魂を感じさせるか?



Wedbush Securitiesのアナリストパッチャー先生は、最近の中国でのコロナウイルスの発生によって引き起こされたサプライチェーンの混乱に対して、ソニーとマイクロソフトがパニックするのは時期尚早であると述べています。

先週、Jefferies Groupからのメモは、1か月を超えるシャットダウンはPS5およびXbox Series X の発売を遅らせる可能性が高いことを示しており、多くのテクノロジー企業はすでに出荷遅延と供給不足を発表しています。しかし、パッチャー先生はTechRadarに、ソニーとマイクロソフトはおそらく6月に次世代コンソールの製造を開始し、状況はそれまでに制御されている可能性があると語った。そうでなくても、PS5とXbox Series Xは必ずしも中国で製造する必要はありませんが、製造コストに影響を与える可能性があります。

『コロナウイルスが6月まで続くと、問題になります』とパッチャー先生は述べています。『それがそれほど長く続く可能性はありますが、株式市場はそうではないことを伝えます。そうだとすれば、サプライチェーンの長期的な混乱により、市場は急落するでしょう。』

パッチャー先生は、Appleのような企業は当面の代替手段がないため、アウトブレイクの影響を感じていると付け加えました。一方、ソニーとマイクロソフトにはオプションを評価する時間があります。

『コロナウイルスがまだ1か月でも問題である場合、Appleがパニックに陥るのを見ることができましたが、ソニーとマイクロソフトは安全のために静かに台湾とベトナムで生産を調整します。』とパッチャー先生は結論付けました。


関連リンク


パッチャー先生が勝手に結論づけていますが、そんなに話は簡単に収まるのかというところが大きく、そして不透明な部分でもありますよね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment