ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ベータ版状態だった『Nvidia GeForce Now』のサービスが終了、本サービスへ移行へ



ベータ版状態だった『Nvidia GeForce Now』のサービスが終了、本サービスへ移行へとしていて、どのような違いがあるのかなど詳しい詳細が語られているものになっているようですね。


Nvidiaは、Google StadiaおよびMicrosoftのProject xCloudとの競合を検討している場合があります。同社は、ビデオゲームストリーミングサービスのGeForce Nowがベータ版を終了し、すべてのユーザーに無料で提供されることを発表しましたが、いくつか注意点があります。

GeForce Nowに慣れていない場合、このストリーミングサービスを使用すると、ユーザーはPCゲームをラップトップ、Mac、Nvidia Shields、およびその他のAndroidデバイスにストリーミングできます。Fortnite、The Elder Scrolls V:Skyrim、Call of Duty:Black Ops 4など、すでに1000以上のゲームがサービスにあります。ユーザーは、既存の購入をNvidiaのサービスに移行することもできます。 Steamなどのオンラインストア、およびそのゲームはGeForce Nowにも​​あり、追加購入なしでそのゲームをストリーミングできます。

ユーザーはGeForce Nowで今日から無料でストリーミングできますが、無料のユーザーはログオフして新しいセッションを開始するまで1時間しかプレイできません。1日にいくつでもセッションを開始できますが、1時間後にログオフして再度ログインする必要があります。Nvidiaは、これが有料ユーザーに最高のサービスを提供するために必要であると言います。

と言えば、月に5ドルで加入する人は、GeForce Nowのプレミアムサービスを使用できます。これは、Nvidiaのサーバーへの優先アクセスを提供し、最大6時間の延長セッションを可能にします。GeForce Nowベータメンバーのベータアカウントも、最初の数か月間は無料でこのプランに自動的に変換されました。

GoogleのStadiaでの経験と同様に、Nvidiaの技術はベータ版で予想していたよりもうまく機能しました。ただし、ゲームのストリーミング中にいくつかのドロップやゲームや視覚的なアーティファクトが発生したため、理想的ではありません。それでも、すべてのユーザーが無料で利用できるようになった今、サービスがどのように進化するのか興味があります。


関連リンク


基本無料とはいっても、お試し版以上の楽しみ方ができず、実質有料プレミアム会員向けのサービスですね。その辺はライバルとの差や1000本以上のライブラリーなど競争する上で有利な条件もありますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment