ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

龍が如く3リマスター海外レビュー、10年経った今でも野心的なゲームを楽しめる1作だとアピール



龍が如く3リマスター海外レビュー、10年経った今でも野心的なゲームを楽しめる1作だとアピールしていて、PS4で出る価値は十分にあるとしており、海外ではこれからリリースされるものですね。



龍が如く3の悪名高いスロースタートは、シリーズの主人公である桐生が比較的静かな生活を楽しんでいるのを見て、日当たりの良い沖縄の海岸線で孤児院を管理しています。龍が如く3は2009年のフランチャイズの野心的なジャンプであり、10年経った今でもリマスターは堅実な体験を続けています。

輝かしいキャラクターで一杯になるのにふさわしい典型的な優れたストーリーに加えて、このタイトルは、深刻な物語のビートと、完全にすぐに使えるサイドクエストと、カラオケ、ゴルフ、ホステスのデートなどの詳細な気晴らしとのバランスをとるという素晴らしい仕事をしています。龍が如く3は、サンドボックスとしてのシリーズの評判を本当に強固なものにしました。沖縄と神室町の両方を探索することは今でも喜びです。

毎秒60フレームの滑らかな滑らかさで動作する竜が如く3リマスターは、アニメーションやキャラクターモデルが確かに年齢を示していても、プレイするのに最適です。最近のエントリーに比べて少し硬派なように見えるかもしれませんが、戦闘は大部分が白熱しており、ゲームは桐生一馬の物語全体で最も記憶に残るボスの戦いのいくつかを特徴としています。

龍が如く3は、そのリマスターされた形であっても、特に龍が如く6、龍が如く極2、またはジャッジメントのバックから外れている場合、ラフになっていることを否定するものではありませんが、これはシリーズの1つであり、PS3の三部作のベスト作品です。


関連リンク


龍が如く極3はなかったというもので、この作品でPS3に進出したものだったので、その出来はかなり好感触だったようですね。PS4で今ではすべての龍が如くが遊べますね。

 [ゲーム]海外レビュー

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment