ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Ninja TheoryがXBOXOneとPC向けに開発した作品『Bleeding Edge』において、マイクロトランザクションについて触れる



Ninja TheoryがXBOXOneとPC向けに開発した作品『Bleeding Edge』において、マイクロトランザクションについて触れていて、その質問に答えていて、実際には導入されるのかどうかというのはコンソールゲームソフトでは難しいですね。



Ninja Theoryの開発者によると、Bleeding Edgeは、マイクロトランザクションであなたを乾かすことはありません。新しいデベロッパーアップデートの動画で、Ninja Theoryは、デベロッパーが有料のポストリリースコンテンツの非常に重要な問題に該当する場所など、ファンから最もよく寄せられる質問に回答しました。

ビデオでは、クリエイティブディレクターのRahni Tucker氏がBleeding Edgeの modシステムについて説明しました。これにより、プレイヤーはキャラクターにさまざまなアップグレードを割り当てることができます。さまざまなMODを使用して、プレイヤーはキャラクターを微調整して、より多くのダメージを与えたり、より多くのヒットを吸収したり、よりステルスなルートに進むことができます。

ビデオが示すように、プレイヤーはゲーム内通貨を使って追加のMODを作成できます。それは当然、マイクロトランザクションの問題につながりました。Tucker氏は、Ninja Theoryは単にバフを販売できるようにするだけで、競争力を誰にも与えたくないと言って、Ninja Theoryはゲームのプレイヤーのパフォーマンスに影響を与えるアイテムを『絶対に販売しない』ことを約束しました。

ゲームにパフォーマンスを向上させるマイクロトランザクションがないだけでなく、少なくとも発売時には購入可能なコスメティックすらありません。、Tucker氏はコスメティックのマイクロトランザクションが進行中であると暗には言いませんでしたが、彼女もそれらを排除しませんでした。

現在のところ、ゲームを先行予約したプレーヤーは、3つの専用キャラクタースキンのセットに加えて、ホバーボード、挑発的な感情表現、ステッカーのパックを入手します。ただし、タッカーによると、ゲーム内の他のすべての装飾品アイテムは、プレイするだけで獲得できます。


関連リンク


競争につながるマイクロトランザクションは無いと否定したものの、コスメティックに関しては否定していないので、それは多分あるんでしょうね。ゲーム内課金は行き過ぎるのが問題なので、それをちゃんと管理していれば問題は大きくはならないでしょうね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment