ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Activision Blizzardがかつての休眠IPをリメイク、又はリマスターすることで再構築する準備があると伝える



Activision Blizzardがかつての休眠IPをリメイク、又はリマスターすることで再構築する準備があると伝えていて、それがどんなタイトルに白羽の矢を立てるのかはわからないものの、クラッシュやスパイロに続く作品になりそうですね。



Activision Blizzardは、ゲームとIPのバックカタログを掘り下げて、いくつかの勝利を引き出しました。パブリッシャーは、クラッシュ・バンディクーとスパイロ・ザ・ドラゴンを冬眠から連れ出し、ワールド・オブ・ウォークラフトにクラシックの発売で新しい命を吹き込みました。コールオブデューティ:モダンウォーフェアは、ある意味での再考と考えることさえできます。今日のファイナンシャルコールで、Activision Blizzardは、今年『リマスターされ、再考された多数のタイトル』を発表する準備ができていると言いました。

パブリッシャーはこれ以上詳しく説明しませんでしたが、推測を始めるにはゲームの広範な歴史を見るだけで十分です。Activisionには1980年までさかのぼるゲームがありますが、Blizzardは90年代半ばまで遡ることができます。ディアブロ2、トニーホークプロスケーター(2と3、私は私の方法を持っていた場合)、天誅、GUN、 クラッシュレーシング、プロトタイプ、シュレック:フォーエバーシュレック2、及びBulrは 、休眠中のIPを経営陣が再び呼びかけることを真剣検討して、Activisionには公開ゲームの非常に深い歴史があります、そのリストは、アクティビジョンで最近最も成功したフランチャイズリバイバルの2つであるCrash BandicootやSpyro the Dragonのように、後で購入したIPを考慮していません。スカイランダーズは近年もひどく静かです。おそらくActivisionは、かつてSpyroの派生物だったフランチャイズの再考を夢見てきました。

Activisionの古いゲームの多くはライセンスされていたため、リストから大きな再考の可能性が大幅に削減されました。たとえば、ソニーとInsomniacが多かれ少なかれそれらを引き継いだ今、Activisionが公開したスパイダーマンゲームのいずれかがカムバックすることはないでしょう。

『リマスター』という用語も、ここ数年で変更されているため、注意して表示する必要があります。以前のリマスターは単純なグラフィックの改善でしたが、最近の取り組みでは、新しい視聴者向けにクラシックエクスペリエンスの完全な見直しと再構築が行われました。『リマスターと再構築』がひとまとめにされたことは偶然ではありません。


関連リンク


キャラクターもの2本がヒットしただけに、どんなIPを選出するかは不透明で、その辺を含めて次世代機で慎重に検討の上制作されるんでしょうね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment