ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

マイクロソフトは学習機能を備えたMLによって、ゲームのテクスチャーを改善したい意思を伝える



マイクロソフトは学習機能を備えたMLによって、ゲームのテクスチャーを改善したい意思を伝えていて、それはどんなアプローチで実現するのかというものであって、その辺の核心を語っているかですね。


知っておくべきこと
Microsoftは、Holiday 2020で次世代コンソールを発売します。
『Project xCloud』というゲームストリーミングサービスも公開トライアル中です。
同社は、低解像度テクスチャを改善するために機械学習を実験しています。
このテクノロジーがProject xCloudまたは他のシステムにすぐに適用されるかどうかは不明です。


マイクロソフトは常に新しいアイデアを試していますが、最近、PlayFabが非常に急進的なことを学んでいます。Microsoft Game StackジェネラルマネージャーJames Gwertzman氏がVentureBeatとのインタビューによると、同社は機械学習(ML)を使用して低解像度テクスチャをリアルタイムで改善しています。あなたは彼が以下に言ったことを読むことができます。

『機械学習とコンテンツ生成について話していました。それは面白いと思う。マイクロソフト内のスタジオの1つは、資産生成にMLモデルを使用する実験を行っています。それは恐ろしくうまく機能しています。本当に低解像度のテクスチャを出荷し、MLモデルにテクスチャをリアルタイムでアップさせることを検討しているところまで来ています。手動で作成された高解像度テクスチャとマシンでスケールアップされた低解像度テクスチャの違いを見分けることはできません。低解像度テクスチャを出荷してマシンに任せることもできます。文字通り、2K x 2Kの巨大なテクスチャを出荷する必要がないように。小さなテクスチャを出荷できます。ダウンロードはずっと小さくなりますが、ゲームの品質に大きな違いはありません。魔法の圧縮技術のようなものだと考えてください。それは本当に魔法です。巨大なR&D予算。私はそのようなことを見て、こう言います。これは、ゲームスタジオのデータサイエンティストを雇うか、それが製品の機会であるかのどちらかです。このような技術をすべての人に提供して、競技場を再び平準化することができます。

このテクノロジーが『Project xCloud』に道を譲れば、ゲームチェンジャーになる可能性があります。ただし、時間だけがわかります。マイクロソフトが次世代製品で何をしたいですか?


関連リンク


まさにテクノロジーの技術革新がやってくるかもしれないとしていて、その先頭に立っているのはマイクロソフトのようですね。作業量の大幅軽減と共に容量も圧縮できて一石二鳥ですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment