ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ファイナルファンタジー7リメイクはPS4で1年間の時限独占であることが改めて伝えられる



ファイナルファンタジー7リメイクはPS4で1年間の時限独占であることが改めて伝えられていて、2021年の4月までということのようですが、その頃にはPS5やXBOXシリーズXが起動に乗っているので、その後の展開はどうなるか?



ファイナルファンタジー7リメイクの延期に続いて提案したように、リリース日の変更は、ゲームがPS4限定の期間に影響を与えることはありません。以前は、今後のRPGのボックスアートは、 1年限定の期間限定であることを確認していましたが、ゲームが3月から4月に延期されて以来、変更されていません。

ボックスアートのリワークには、『2021年4月10日までの期間限定』という現在のリリース日からちょうど12か月後の新しいラベルがあります。このような排他的取引は、遅延などの潜在的な問題が契約に影響を与えないように、定義された日付ではなく特定の期間に基づいています。


関連リンク


PS4で1年独占の後、次世代機バージョンを出すのか、クラウドに行くのか、その辺はちょっとわからないですよね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment