ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5に搭載されるSSDがついに判明か?その可能性を絞り込む



PS5に搭載されるSSDがついに判明かとしていて、いったいどのクラスのSSDが採用されて、そしてカスタム化されるのかというのはゲーマーなら興味津々といったところですよね。



ソニーはまだPS5を発表する準備ができていないかもしれませんが、熱心なオブザーバーが業界のトレンドを分析して、どのコンポーネントが野獣の腹を満たすかを正確に見つけることを止めていません。Let's Go Digitalは可能性を絞り込み、Samsung NVMe SSD 980 QVOドライブが使用される可能性が最も高いと判断しました。その特定のSSDは今年利用可能になったもののトップではありませんが、手頃な価格とソニーがPS5で実現しようとしている種類のパフォーマンスとの間のバランスを取ります。

ソニーは以前、PS5 SSDについて語っていました。これは、ロード時間をほとんど排除し、ゲームファイルのサイズをはるかに小さくできる『専用』ソリッドステートドライブです。2019年4月、システム設計者のMark Cerny氏は、PS5 SSDの『PCで利用可能なSSDのいずれよりも高い生帯域幅』を持っていると述べました。ソニーは、仕様の指定やメーカーの命名を避けましたが、最近のSSDには、コンソール内に何があるのか​​についての手がかりがいくつかあることが明らかになっています。

SamsungはCES 2020で、新しいPCIe 4.0標準を採用したSSDである980 PRO NVMeを発表しました。このドライブは、7 GB / sのシーケンシャル読み取り速度に達することができます。これは、現在のすべてのコンソール、さらにはほとんどのハイエンドPCを吹き飛ばす非常に高いベンチマークです。しかし、これらの速度にはコストがかかり、ソニーがPS3の価格設定ミスを繰り返したくない場合、または販売されたすべてのコンソールで大きな損失を被る場合を除き、PROがPS5に搭載されているとは思わないでください。

興味深いのは、Samsungが980ラインに他に2つのSSD(EVOとQVO)があるようですが、CESでPROと並んで明らかにしなかったことです。同社は、EUIPO(欧州連合知的財産局)でNVMe SSD 980 EVOおよび980 QVOの商標を申請しましたが、これらのSSDも今年中に登場することを示唆しています。サムスンはまた、『Unstoppable Speed』というフレーズを商標登録しました。これは、新しい980シリーズのSSDに付随すると推定され、特にゲームのマーケティング用語のように聞こえます。

PRO、EVO、およびQVOの名前は最近サムスンのハードドライブの各世代に付随しており、Let's Go Digitalは970世代に基づいて980モデルの違いを推定しました。EVOはミッドグレードモデルであり、5.5または6GB / sで着陸することが期待されています。確かに、PROの非常識な7 GB / sではありません。古いPCIe 3.0ドライブの2倍程度の速度です。

Let's Go Digitalは、クアッドレベルセルテクノロジーがPCIe 4.0標準にどのように対応するかを知りませんが、QVOのベンチマークはEVOより低いと予想しています。QVOテクノロジーは、『速度の低下と時間の経過による劣化に苦しむ』と言われていますが、最も手頃な価格でもあります。現行のHDDでこれまで使用していたものよりも、はるかに高速で信頼性が高くなります。

それでは、PS5 SSDがどのようなものになるのでしょうか?技術関係者は、PS5がSamsungのNVMe SSDを使用すると言っているようです。SamsungはCES 2020でPROモデルを公開しましたが、疑いながらこの世代のSSDの他の2つのモデルをラップで保護し、PS5自体が公開されたときに仕様を明らかにするプランであると考えています。EVOとQVOの間で、Let's Go Digitalは、ソニーがコスト面の理由からSamsung NVMe SSD 980 QVOを使用することを計画しています。ソニーは、パワーとパフォーマンスを維持しながらコンソールのフロントエンド価格を下げることを目標に、2013年にPS4で同じ動きをしました。Let's Go Digitalは、Samsung NVMe SSD 980 QVOは1TBドライブで149.99ドルより安くはないものの、PROモデルは349.99ドルの範囲になると予測しています。EVOが落ちた場所(およびソニーが損失を被る意思がある場合)は、これら2つの中間のどこかになります。ソニーがより大きなプレミアム価格のオプションをリリースしない限り、1TBより大きなものをコンソールにロードすることを期待しないでください。

PS5 SSDは、次世代のコンソールパズルのほんの一部であり、今後追加されるコンポーネントと仕様が多数追加されています。ソニーはまだ最終的なPS5の価格にまだコミットしていません。さらに、最も安価なSSDモデルを採用することで、マイクロソフトを弱める余地が少しあると示唆しています。同社はまだコントローラーの名前を付けていませんが、フランスの自社公式サイトからのリークは、それがDualShock 5になることを示しています。多くの人が、2月のPS5の公開イベントがPS4の2013年の公開を反映することを期待していましたが、今月に入ると、ますますその可能性は低くなり始めています。


関連リンク


現実的な着地点は大体この辺りだろうというのが示唆されており、その通りに出てくる可能性が高いようですね。マイクロソフトとの違いがどの程度あるのか気になりますね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment