ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

XBOXシリーズXの背面について、それは拡張可能なストレージ(SSD)用かと示唆



XBOXシリーズXの背面について、それは拡張可能なストレージ(SSD)用かと示唆させていて、これはまだ不確定情報といったところのようなので、今後どういう風に明かされていくのかという部分ですね。



この写真の中央上部の奇妙なストリップポートは高速デバッグツール用であるとしばらくの間考えられていましたが、そうではないようです。

ポッドキャストThe Xbox Two(53:05)で、私は最近、大きなポートが実際にCFExpress SSDカードの拡張可能なストレージポートであり、ユーザーにストレージ容量を拡張する方法を提供する可能性を調査している方法について話しました。XboxシリーズXでは、NVMe内蔵ドライブに付属する高速の読み込み速度を失うことはありません。今日、Brad Samsは、マイクロソフトの計画に精通している情報源から、それが実際に拡張可能なストレージ用であることを聞いたと述べました。また、マイクロソフトがこのポートを使用してCFExpressカードをテストしていることを最後に確認できます。

CFExpressとは何ですか?

CFExpressはSSDストレージソリューションであり、通常はハイエンドカメラで使用されます。PCIeレーンを使用して最大4GB / sの読み取り速度を実現します。現時点では非常に高価ですが、128GBカードの価格は最大200ドルです。わずか512GBのストレージで最大600ドルもするため、1つの4Kゲームを保存することはほとんどできません。


関連リンク


SSDはまだまだ高価ですから、その辺を考慮しても将来設計に備えた形をとるらしいという話になっているようですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

こういうものは日が経てばどんどん安くなりますからね。

E3 2005でレボリューション(Wii)がSDカードを採用すると発表されたときは
電機屋に行ってSDカードの単価の高さにorzとなったものでしたが
その後ドンドン安くなっていってWiiが普及する頃にはすっかりメモリーカードとして使うのに妥当な値段になっていましたし。

2020/02/05 (Wed) 20:27 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。日進月歩でメモリや半導体は安くなりますよね。
XBOXシリーズXのSSD対応も数年後には安くなっていそうですね。
そういうのを見越しているのかもしれないですね。

2020/02/05 (Wed) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment