ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS4の2019年のクリスマスシーズンの売れゆきは2013年以降過去最低を記録



PS4の2019年のクリスマスシーズンの売れゆきは2013年以降過去最低を記録したとしていて、海外での伸びが止まったらしいとしており、やはり先行して発表されているPS5の存在が大きかったようですね。


PS4の売上は、クリスマス期間中に前年比25%減少したとソニーは火曜日の第3四半期決算発表で明らかにしました。

コンソールは2019年の最終四半期に約610万台を出荷しましたが、これは前年に比べて810万台から減少しています。

PS4は2019年12月31日時点で1億890万台を出荷しています。

数字は2013年の発売以来のコンソールの最低クリスマス販売期間を表していますが、これはPS5が今年の終わりに発売がすでに確認されていることを考えると驚くことではありません。

全体として、ソニーのゲームおよびネットワークサービスセグメントは、前年比20%減の6,320億ドルの収益を報告し、ハードウェアおよびサードパーティソフトウェアの売上の減少に貢献しました。

PS5、2020年のホリデーシーズン中に発売される予定です。


関連リンク


PS5における、PS4の下位互換性を曖昧なままにしておいたのも逆にマイナスだったのかもしれないですね。PS4を購入する上ではある程度割り切らないとダメなのに、そこがはっきりしていないから踏み切れない人もいたでしょうね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment