ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

3DS『メトロイドサムスリターンズ』海外レビュー、ゲームとしての進化は素晴らしいものの、3DSの限界まで駆使した技術のせいで、フレームレートやバグが発生、それ以上の問題も



3DS『メトロイドサムスリターンズ』海外レビュー、ゲームとしての進化は素晴らしいものの、3DSの限界まで駆使した技術のせいで、フレームレートやバグが発生、それ以上の問題もあるとしていて、それは何なのかというものですね。



1991年にGame Boyで最初にリリースされたMetroid II:Return of Samusは、シリーズの最も重要なエピソードの1つであり、任天堂のポータブルコンソールで最も大規模なゲームエリアの1つを作成した惑星SR388の迷宮の世界で過ごした時間について教えてくれます。3DSは、6年間のキャリアで、その作品の唯一のプライベートプラットフォームの1つになります。プレイヤーから非常に多くの要望があったエピソードを実現するための社内人材がなかったため、任天堂はスペインのスタジオMercury Steamにリマスターの実現を委ねることに頼りました。問題のエピソード。これがメトロイドサムスリターンズの誕生です。

メトロイド:サムスリターンズは、元のゲームボーイバージョンに非常に近いままです。任天堂はおそらく、キャッスルヴァニア:ロードオブシャドウシリーズのクリエイターとのコラボレーションの基礎を築いたでしょう。あなたが初心者の場合は、アクションを元に戻しましょう。宇宙海賊(シリーズの「本当の」悪役)と戦った後、サムスは惑星SR388に送られ、メトロイド、海賊による武器として神聖な力を持つクラゲの外観を持つ生き物をホストしています。この考えは簡単です。兵士を惑星に送り、メトロイドをすべて殺し、海賊から軍隊のスペースを奪うことです。ただし、いくつかの軍事任務が失敗すると、当局は賞金稼ぎのサムス・アランを派遣することにしました。この小惑星の最初のステップから、プレイヤーは主な目的であるメトロイドのジェノサイドに直面します。40個あります。これらは惑星全体に散らばっており、それらを探して探索する必要がありますが、サムスに新しい力をもたらす多くの改善を手に入れるためにも必要です。そのため、かなりクラシックな方法で、ジャンプからゲームを開始し、武器をパワーアップさせる必要があります。又、最初の目新しさ:ゲームボーイで目標を達成するために戦わなければならなかった場所で、開発者は自由な目的で現代的なアプローチをもたらしました。Lキーを押すと、サムスの『射撃角度360°』に指示して、これにより、立つ、しゃがむ、棚からぶら下がっているなど、あらゆる敵を攻撃できます。
 
メトロイド:サムスリターンズ惑星SR388には、それぞれ独自のパターン、攻撃、弱点を持つ多様で多様な敵があふれているため、歓迎すべき追加です。それらを容易く獲得する方法はなく、各敵は非常に致命的であり、何度かゲームオーバーになります。これを避けるために、開発者はサムスの武器庫にまったく新しい機能、つまり受け流し機能を追加しました。Xを押すと、ヒロインは実際に激しい打撃を与えることができ、完璧なタイミングでうまく配置されていれば、ほとんどすべての攻撃をほんの数秒間受け流すことができます。元のエピソードのように、惑星には、ゲームを終了するときにデータを保持するために使用する必要があるバックアップポイントが点在しているため、注意してください。最初は、死亡するたびに最後のセーブポイントに戻りますが、開発者は古き良きリスポーンシステムを追加することにより、ゲームプレイに寛容さをもたらしました。たとえば、メトロイドの前で死亡した場合、比較的近い場所から再起動できます。初心者や若いプレーヤーに便利で、実際には懲罰的なゲームに直面することに慣れていません。同様に、探索する領域はよりシンプルになり、とりわけ本能的です。通常、各ゾーンには、アップグレード、2つのメトロイド、およびミサイルの容量とライフゲージのサイズを増やすために見つけるいくつかの改善が含まれています。欠点は、自由の感覚が突然大きくなくなることです。探求されるエリアはよりシンプルになり、とりわけ本能的です。

メトロイド:サムスリターンズさらに、メトロイドの近くにいるときにビープ音を鳴らすシステムがあります。これにより、非常に簡単に自分の方向を決めることができます。サムスアランにも役立つ新しい能力があることを付け加えてください。新しいAeonゲージに4つの新しいパワーは、基本的な射撃、時間を遅らせるスタシス、防御力フィールドを備えたアーマー、そして最終的にスキャナーを改良して、バウンティハンターの初期スキルを得て、又破壊可能なゾーンの場所を一目で確認できます。それにもかかわらず、範囲は非常に寛大で、特にこのスキャナーはまだマップ上でまだ訪問されていない部屋の入り口を見つけるための絶対的な武器であるため、探索には少し不利です。後者は ゲーム中迷路で迷子にならないように、3DSの下部画面に他の場所を確認できます。下の画面では、使用する武器(クラシックビーム、フリーザー、グラップルなど)を選択するためにも使用されますが、Aeonが使用されるパワーを確認するためにも使用されます(選択は十字キーを介して行われます)。これらのすべての武器とパワーを元のゲームで使用可能な機器(壁を登ることができるスパイダーボールを含む)に結合しています。 

メトロイド:サムスリターンズは、ゲームは常にホットで、クールに吹きます。グラフィックスが3DSに対して適切な場合、NEW3DSを使用しても、敵の数が増加するパッセージ中に、かなり不穏な減速が見られます。又同様に、部屋に閉じ込められたため、ゲームを数回再起動する必要がありました。別の例:3D(はい、一部のプレイヤーはまだそれを使用しています)が完全に壮大で、おそらくパイロットウィングリゾートtのように美しい場合、フレームレートの問題が増えてしまいます。最後に、最悪の欠点はむしろ選択と決断です。ご存知のように、『ハード』難易度モード(Fusionと呼ばれる)は、対応するamiiboがある場合にのみ使用できます。コンテンツが標準に達したときにDLCを受け入れる準備ができている場合、追加の難易度モードを取得するためにamiiboを購入する必要があることをは問題視すべきです。


関連リンク

ニンテンドースイッチでも2Dメトロイドの噂が浮上しているので、メトロイドフュージョンになるのではないかとしており、3DSより大幅にスペックが上なので期待したいですね。

 [ゲーム]海外レビュー

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment