ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

現状、ゲーム会社とは純粋に呼べなくなっているコナミが、コンソールゲームソフトを作るための予算を計上していることを指摘



現状、ゲーム会社とは純粋に呼べなくなっているコナミが、コンソールゲームソフトを作るための予算を計上していることを指摘していて、すっかりスマホメーカー&スポーツジム会社という感じでしたが、今後どういうかじ取りをするのか?



過去数年間、コナミは主にビデオゲームの分野で消極的な観察者でしたが、彼らが行っているいくつかのゲームは、多くのお金を稼いでいます。そして、ご想像のとおり、製品の低コスト開発と高販売は、それらにとって非常に成功した組み合わせです。ただし、最近の変更には少し変更があります。

最新の四半期財務報告書で、コナミは、収益の増加にもかかわらず、四半期の全体的な利益、および次の四半期の予測を減少させていることを明らかにしました。スポーツ事業を取り巻く競争が激化する環境の中で、利益構造の改善と強化を図り、製品発売のタイミングを修正が発生しました。

コナミのゲーム部門でも利益の減少が見られましたが、これは特に興味深いことです。コナミは、その理由は『新しいタイトルの制作コストと研究開発コストの増加』だと述べています。コナミは、Pro Evolution Soccerの ように、通常出されるいくつかのゲームの開発により多くの資金を投入している可能性があります。  そして  遊戯王!、次世代のコンソールのアプローチは、エンジンを刷新することを見ていますが、別の可能性は、彼らが単により多くのゲームを作っているということです。


関連リンク


コナミが創業50周年のポスターを見せたときに、過去のクラシックゲームIPを紹介していましたが、実際に復活はあるのかというところですよね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment