ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PC版バイオハザードRe3は著作権侵害プロテクトとなるDenuvo DRMを採用へ



PC版バイオハザードRe3は著作権侵害プロテクトとなるDenuvo DRMを採用へとしていて、これはRe2でも使われていたとしており、その辺の経緯や経緯も知りたいところですね。



可能性が非常に高いにもかかわらず、バイオハザード8はしばらくの間見られませんが、バイオハザードRe3のリメイクはすぐそこにあります。これでカプコンからの別のスラムダンクが表示されますが、PCプレーヤーは品質に関係なくいらいらするかもしれません。ゲームには、昨年のバイオハザードRe2のリメイクよりも多くの要素がリミックスされると言われていますが、 PCポートはDenuvoの使用において1つの点を共有します。

ゲームのSteam ページで確認されているように、ゲームでは実際に論争の的となっている著作権侵害対策ソフトウェアがゲームで使用されます。バイオRe2もDenuvoを使用していましたが、Steamバージョンからリリースされてから約1年後に削除されました。多くの場合、バックグラウンドで過度に使用されるため、このソフトウェアはプレイヤーと物議をかもし、また簡単かつ迅速にクラックされることでも知られています。とにかく、サバイバルホラーのリメイクのためにあります。

4月3日に、PlayStation 4、Xbox One、およびPC用のバイオハザードRe3Reがリリースされます。


関連リンク


バックグラウンドで過度にPCが動作するのはいい気分はしないですね。そして、Re2では削除されており、Re3の導入の是非はどこにあったのかといえそう。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment