ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

小島氏が今後のゲーム制作の在り方とプランについての構想を語る



小島氏が今後のゲーム制作の在り方とプランについての構想を語るとしていて、インタビューで答えたものになっており、今後PS5でどんな作品を目指して作っていくのかというのが試されそうですよね。


コナミ後のコジマプロダクションの最初のゲームは、ついに広い世界に登場しました。Death Strandingは、主に肯定的なレビューをリリースしましたが、それに対する一般的な感情は、小島秀夫氏の他のゲームのほとんどよりも偏っていました。しかし、スタジオはすでに将来を見据えており、小島氏自身がすでに次のゲームを研究しているようです。今日、私たちはそれが何が可能かについて多くのアイデアを得ています。

日本の雑誌ファミ通の長編で、小島秀夫氏と伝説のアーティスト新川氏がスタジオの今後の計画について語った。彼らはそれが意味しているものはっきりしていない『大きな』今の計画があること、それらのいずれかで複数のタイトルの作品であることが明らかにしていて、これらのゲームの実際の詳細については具体的な詳細は示されていませんが、小島は最終的にはより多くのメカを使いたいと考えているため、新川氏の独特のアートスタイルをより活用することができます。

小島氏は、メディアを活用した新しい技術に基づいて何かを作りたいと言う前に言っていましたが、Death Strandingはソーシャルメディアに基づいた多くのデザインアイデアを持っていました。これらのプロジェクトのいずれかを見るまでは、おそらく少し時間がかかりますが、最終的にはどんなものであれ、興味深いものになるはずです。


関連リンク


まだ完全には定まっていないようで、その辺は次回作に向けての構想を温めている段階かもしれないですね。しかし、会社を立ち上げて4年でソフトを出したので、意外と次回作も早いかもしれないですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment