ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Telltale Gamesが倒産したため、宙に浮いていたウォーキングデッド作品の行方が一部判明、今後の展開を示唆



Telltale Gamesが倒産したため、宙に浮いていたウォーキングデッド作品の行方が判明しだしたとして、それら行先を指摘していて、現在版権を持っている会社からリリースされるとしており、どういう経緯になるか?



Telltale Games製品の潜在的な顧客は、スタジオが倒産したときに問題に直面しました。そのタイトルはすべて、Steamを含むさまざまなストアから削除されました。しかし、ウォーキング・デッド:ファイナルシーズンは開発再開し、その残りのエピソードは、Epic Gamesストア排他的になるだろう。それはずっと前にはなかったウォーキング・デッド:Telltaleシリーズはまた、ストアに限定されていました。

しかし、良い知らせがついに来ました。親会社がIPを所有しているSkybound Gamesは、TelltaleのThe Walking Deadの 4シーズンすべてが今日Steamに戻ってくると発表しました。それだけでなく、シーズン2とニューフロンティアがニンテンドースイッチeShopで利用可能になりました。

『The Walking Dead:The Telltale Definitive Series』をSteamで購入できるかどうかは未確認です。そのバージョンには、すべて、The Walking Dead:Michonne、400 Days DLC、ドキュメンタリーを含むさまざまなボーナスコンテンツ、よりグラフィックノベルな外観のための『Graphic Black』設定が含まれています。


関連リンク


すべては売れゆき次第なんでしょうね。コンテンツ自体の魅力は十分ポテンシャルがあるでしょうから、それが証明され次第、次の展開がありそうですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment