ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

龍が如く7、15万本、スイッチ10万台!の今週のゲームハード&ソフトウェアデータが掲載



龍が如く7、15万本、スイッチ10万台!の今週のゲームハード&ソフトウェアデータが掲載されていて、1位は予想通りの龍が如くになっていて、あとは♯FEなどがどれ位売れていたのかなども見ておきたいですね。


『龍が如く7 光と闇の行方』が初登場で1位を獲得した。完全新規のナンバリング作としては2016年12月8日発売の『龍が如く6 命の詩。』以来のタイトルとなるが、同作の初週販売本数20万1211本と比べると、やや大人しいスタート。ゲームは、新たな主人公に"春日一番"を据え、ストーリーの舞台も横浜伊勢佐木異人町になるなど、変更された点も多いが、重厚なドラマは健在。また、バトルがコマンド選択式RPGになり、会社経営要素やサブストーリー、ミニゲームも多数用意されている。プレイの幅が広く、プレイヤーによってさまざまな楽しみかたができそうだ。

 2位も初登場となるプレイステーション4用ソフト『ドラゴンボールZ KAKAROT』。おなじみのキャラクターを育成しながら、『ドラゴンボールZ』のストーリーを追体験できる本作の開発はサイバーコネクトツーが担当しており、本作でも“原作愛”は健在だ。そのほかの新作では、『三國志14』が5位、『幻影異聞録#FE Encore』が6位に入っている。

 惜しくも9週連続1位とはならなかった『ポケットモンスター ソード・シールド』だが、今回で累計販売本数が331万2358本に達した。これで『スプラトゥーン2』の329万5293本を上回って、Nintendo Switch用ソフト歴代2位に浮上している。


 ハードは、Nintendo Switch&Nintendo Switch Liteが絶好調だった年末年始商戦からは落ちてきたものの、合計で週販9.6万台を販売。依然好調を維持していると言えそうだ。

ソフト推定販売本数TOP10

1位(初登場) PS4 龍が如く7 光と闇の行方
15万6993本/セガゲームス/2020年1月16日発売


2位(初登場) PS4 ドラゴンボールZ KAKAROT
89537本/バンダイナムコエンターテインメント/2020年1月16日発売


3位(先週1位) Switch ポケットモンスター ソード・シールド
55604本(累計 331万2358本)/ポケモン/2019年11月15日発売


4位(先週8位) Switch リングフィット アドベンチャー
35860本(累計 58万3429本)/任天堂/2019年10月18日発売


5位(初登場) PS4 三國志14
20095本/コーエーテクモゲームス/2020年1月16日発売


6位(初登場) Switch 幻影異聞録♯FE Encore
18797本/任天堂/2020年1月17日発売


7位(先週6位) Switch 東北大学加齢医学研究所 川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のNintendo Switchトレーニング
15790本(累計 10万7698本)/任天堂/2019年12月27日発売


8位(先週4位) Switch Minecraft
13919本(累計 122万2666本)/日本マイクロソフト/2018年6月21日発売


9位(先週2位) Switch マリオカート8 デラックス
12370本(累計 273万7674本)/任天堂/2017年4月28日発売


10位(先週5位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
12347本(累計352万2802本)/任天堂/2018年12月7日発売


※11位より下の数値は、ゲーム販売本数ランキングページにて2020年1月23日(木)以降に公開予定です。
※本ランキングの推定販売本数は、パッケージソフトおよびダウンロードカード、本体プリインストール版を合算したものです。



ハード推定販売台数
Switch/62920台(累計 1065万3744台)
Switch Lite/33538台(累計 122万7273台)
PS4 Pro/4178台(累計 142万8741台)
PS4/2147台(累計 738万5105台)
Xbox One X/41台(累計 18843台)
Xbox One S/33台(累計 92722台)
New 2DS LL/692台(累計 169万5605台)
New 3DS LL/74台(累計 588万6171台)
※ゲームソフト&ハードとともに、集計期間は2020年1月13日~2020年1月19日


関連リンク


♯FEは品切れ続出だからもうちょっと売れるんじゃないかな。冬休みが終わった時点でスイッチの売り上げも一段落となっていいて、それでも約10万台を確保はしているんですよね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

2 Comments

ゲーム情報さん  

龍が如くはもう売上的に維持するのがいっぱいで頭打ちだと思う。
ここから爆発的にまた40〜60万とハーフを越えるような作品にはならないと思うなぁ。
売上に合わせて開発費をおさえなきゃいけない体制になってなきゃいいけど。正直ナンバーリング付けなきゃもっと売上減ってたと思う。

2020/01/23 (Thu) 10:31 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

セガもこれがこけたら何もソフトを出さなくなるかもしれない最後の砦
ですからね・・・まぁCMも結構やっているので力を入れているようですね。
龍が如くは海外で売れ始めているので、それが救いですね・・・

2020/01/23 (Thu) 11:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment