ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

制作が進んでいる『Dying Light 2』の開発がロードマップ上遅れを生じていると発言



制作が進んでいる『Dying Light 2』の開発がロードマップ上遅れを生じていると発言されていて、予定していた時期より伸びる可能性を示唆していて、これは想定外だったのかといえそうですね。


2020年はビデオゲームのリリースが詰め込まれた年ですが、最初の数日間は、今後12か月以内に予定されている主要なゲームの遅延でいっぱいです。次にヒットするのはTechlandのオープンワールドの黙示録後のホラータイトル  Dying Light 2です。

当初は2020年春のリリースが予定されていましたが、開発者は、CEOPawełMarchewka氏がTwitterで共有したメッセージで、ゲームが遅れていることを確認しました。『私たち自身の高い水準と、ファンであるあなたの期待に応える体験を提供したい』というスタジオのスタンス以外に理由はありません。

一方、メッセージには正確な(新しい)リリース日や期間についても言及されていませんが、Techlandは今後数か月で詳細を共有する予定であると述べています。

Dying Light 2 は現在PS4、Xbox One、およびPC向けに発表されていますが、開発者は、クロスジェネレーションリリースとして開発することを計画していることも確認しています。一方、ゲームがローンチされると、彼らは明らかに、発売後のコンテンツでそれをさらに何年もサポートします。

前述のように、Dying Light 2は、ここ数日で遅れる唯一の主要なゲームとはほど遠いものです。一方で  ファイナルファンタジー7リメイクは 最近だけで月ごとに押し戻され、マーベルのアベンジャーズ、マーベルのアイアンマンVR、最も顕著なのは、  サイバーパンク2077は、重大な遅延が発表されています。


関連リンク


いつ頃になるか発表されていないため、その時期が長いのかそれほどでもないのかというのが今後発表になるとしていますね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment