ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ロックスターがゲームを出す頻度について、8年間何もないのは長すぎるとテイクツーCEOが発言していて、圧力をかけているらしいという噂が浮上



ロックスターがゲームを出す頻度について、8年間何もないのは長すぎるとテイクツーCEOが発言していて、圧力をかけているらしいとしていて、その辺は噂でしかないですが、GTA6はPS5とXBOXシリーズXの早い時期に登場するかどうか?



信頼できるロックスターゲームのインサイダーであり、YouTuberのSWEGTA氏は、Take-Two InteractiveがGrand Theft Autoの開発者をより頻繁なリリーススケジュールに戻すよう伝えていると伝えられています。2013年から2018年の間に2つの新しい知名度の高いゲームをリリースしたロックスターのポートフォリオには、Bully、Man Hunt、Max Payneなどの比較的小さなIPが多数あります。

私たちは読者に噂であることを頼みますが、Take-Twoは以前、ロックスターからより頻繁にリリースされることを望んでいます。2019年6月、CEOのStrauss Zelnick氏は、ゲーム業界へのインタビューで、『8年はおそらく長すぎる』とゲームをリリースすることを示唆し、スタジオは発売時にあまり大きくないタイトルをリリースし、継続的にコンテンツを追加することが可能になりました。

『タイトルを休めることは素晴らしいことだと信じています。12年前、私はスポーツ以外のタイトルを年間化することは理にかなっていないと言いましたが、今ではほとんどの人が同意するでしょう。しかし、8年はおそらく長すぎると思います。ヒットの最初のリリース後、長時間コンテンツを継続的に配信できるということは、おそらく最初のリリースが、以前に要求されていたゲームプレイの時間数に関してそれほど長くないことを意味する可能性があります。』


関連リンク


まぁPS4時代には結局何も出さなかったに等しいですから、それだけGTA5のリマスターが強烈すぎたといえますが、PS5の時代はそうはいかないでしょうから最新作は出すでしょうね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment