ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

海外のニンテンドースイッチでリリースされたインディーゲー『Oxenfree』が驚くほどヒットしたと伝える



海外のニンテンドースイッチでリリースされたインディーゲー『Oxenfree』が驚くほどヒットしたと伝えていて、それだけスイッチは市場機会に恵まれているハードといえそうで、インディーゲーが集結している意味もわかりますね。


超自然的なスリラーOxenfreeは2016年1月にデビューしました。ほぼ2年後、Night School Studioはニンテンドースイッチバージョンをリリースしました。

任天堂のコンソールでのリリースが遅れたにもかかわらず、Oxenfreeはそこで売れ行きが良くなりました。Night School Studioの共同設立者であるSean Krankel氏はMCVに、スイッチバージョンとiOSが『驚くべき成功ストーリーであることが証明された』と語った。

『スチームは確かに売上高の最大のシェアでした。プレイヤーと継続的に対話することは、Oxenfreeのこの非常に長いテールを作成するのに役立ちました。しかし、スイッチとiOSは驚くべき成功事例であることが証明されました。実際のところ、iOSはおそらく今日でも最も一貫性があります。週末ごとにかなりの量のユニットを移動します。スイッチについては、ちょうどいいタイミングでヒットしたからなのか、リリース後にファンがダブルディップしたかったのかがわかりません。iOSの優れたフォームファクターであり、iOSとコンソールエクスペリエンスの架け橋です。スイッチはおそらく今プレイするのに私のお気に入りの場所です。』


関連リンク


スイッチにはこうした成功事例がいろいろとあるので、その中の1本に加わったとみていいでしょうね。相性がよかったのか、それともゲームが目に留まったゲーマーが多かったのかといえそうですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

2 Comments

ななしさん  

インディーズゲーって潜在的な評価が高いゲームあっても埋もれる市場だからね
PCなんか特に顕著だけど…
まぁPCは評価高くてもソフト多すぎで埋もれる市場だからね

2020/01/20 (Mon) 20:38 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

そうですね。スイッチはインディーソフト数が多く集まっていて
やっぱり埋もれているんでしょうが、見る人がある意味一番
興味を持ってくれる意味合いがあるのかもしれないですね。
そういう意味ではカップヘッドも強いですし、人気が出た
インディーゲーは継続して売れますよね。

2020/01/20 (Mon) 21:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment