ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

UBIはPS5世代において、コピー&ペーストで作られたようなゲームを生み出すことを避けたい狙いがあると主張



UBIはPS5世代において、コピー&ペーストで作られたようなゲームを生み出すことを避けたい狙いがあるとしていて、最新作の売り上げが低迷したことで抜本的なてこ入れを開始するとしており、その辺がどうかですね。



最終製品に障害を起こすことはめったにありませんが、多くの人がUBIのリリースに含まれる構成要素を批判しています。オープンワールドの設計にフランスの会社の独特なアプローチが効果的かもしれないが、その様々なシリーズのシェアという類似性を無視するのは難しいことがいえます。それはアサシンクリードやクルーなど、同じ基本設計原理があります。

その結果、トムクランシーのタイトルであるThe Division 2とGhost Recon:Breakpointの売り上げは期待を裏切るものでした。そして、このホリデーシーズンのPS5の発売に先立ち、パブリッシャーはいくつかの変更を行うようになりました。VGCによると、100人のデザイナーとプロデューサーで構成される組織の編集チームは刷新されています。

UBIが舞台裏で動いているようです。各スタジオには特定のプロジェクトが割り当てられていますが、パブリッシャーのアウトプットの全体的な方向は前述の編集チームによって決定されています。ある匿名の情報源は次のように説明しています。あなたたちは同じ傾向の類似性を見てきました。

これは現在変更され、複数の副社長が特定のフランチャイズを与えられ、世話をします。各プロジェクトは引き続きチーフクリエイティブオフィサーのSerge Hascoet氏によって管理されますが、アイデアは各リーダーに割り当てられたシリーズを独自のものにするためのより多くの自律性が与えられ、結果としてリリースが区別されるということです。

副社長の中には、Child of Lightの Patrick Plourde氏とSplinter Cellの MaximeBéland氏が含まれます。Epicで1年後にパブリッシャーに戻りました。おそらく、Sam Fisher氏の戻りに対する期待が高まっています。これはすべて、組織にとってポジティブな動きのように聞こえます。PS4でいくつかの素晴らしいゲームを排出しましたが、その確立されたリリースへの揺らぎから恩恵を受けることになるでしょう。


関連リンク


UBIも内部ではてんやわんやしていて、ゲームにおけるマンネリ感を打破して、新しさを鮮明にアピールする狙いもあるようですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment