ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Googleのクラウドゲーミング機『Stadia』に警戒する人たちの気持ちはよくわかり、その心を吹き飛ばすテクノロジーを現在開発していると伝える



Googleのクラウドゲーミング機『Stadia』に警戒する人たちの気持ちはよくわかり、その心を吹き飛ばすテクノロジーを現在開発しているとしていて、それだけ自信がある発言になっており、果たしてどうなるか?



当然のことながら、Stadiaの立ち上げは、Googleが期待していたほどスムーズではなかった。しかし、サービスを改善する時間はまだ十分にある。

Tequila WorksのCEOであるRaul Rubio氏によると 、パズルアドベンチャータイトルの 『Gylt』が昨年、Stadiaで期間限定の独占販売を開始しました。GamesIndustryに話すと、Rubio氏は、Stadiaの発売をSteamの初期と比較し、Stadia(および全体としてのストリーミング)が離陸するのではないかと疑問に思う人がいると述べています。

『これは私の個人的な意見ですが、これはSteamの初期のようなものです。つまり、ダウンロードに時間がかかりすぎると不平を言っていたため、ダウンロードが停止し、価格が(不平を言っていました)パッケージゲームと同じだ』とRubio氏は言った。『それらは良くなるだろう。実際、振り返ってみると、なぜ人々はストリーミングにまったく疑問を抱いていたのだろうと思うでしょう。私は特にStadiaについて話していません。私は一般的にストリーミングについて話しています。』

Rubio氏は続けて、『人々の心を吹き飛ばす』まだ明らかにされていないStadiaのいくつかの機能を知っており、『もちろん、私の見解は主観的なものです。中にいるので客観的になることはできません。非常にクールで、まだアクティブではない機能がたくさんあることを知っています』『だから、私はこの会話を1年後にしようと思う。』

『人々は警戒するのはまったく正しい』とRubio氏は続けた。『これは新しいテクノロジーです。従来、ストリーミングソリューションは機能しませんでした。ある意味では、テクノロジーが存在し、視聴者が存在し、正直なところ、コンテンツ戦争はここにあるという時期だと思います。GoogleStadiaには多くの可能性があり、まだ完全な可能性には達していません。この小さなソフトローンチでは、それは決して良いアイデアではなかったと思います。彼らは毎日それを改善するために働いていることを知っています。人々の心を吹き飛ばす機能がいくつかあるので、それが良くなることを知っています。』


関連リンク


Googleはモノなると思ったコンテンツには徹底して食らいついて、そして、それをものにするすべを知っているだけに、本気で来るときのGoogleはまだまだこんな程度じゃないというのは伝わりますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment