ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ソニーとマイクロソフトはPS5とXbox Series Xの新しいコンソールに対し、ニンテンドースイッチはその存在を確保し続けるだろうとクリエイターが語る



ソニーとマイクロソフトはPS5とXbox Series Xの新しいコンソールに対し、ニンテンドースイッチはその存在を確保し続けるだろうとクリエイターが語っていて、それはwii時代にも経験していることだとしており、どのような判断をしているか?



ニンテンドースイッチは2020年に新たな競争に直面します。ソニーとマイクロソフトはPS5とXbox Series Xの新しいコンソールを備えており、開発者は当然これらのプラットフォームに群がります。ただし、あるスイッチ開発者は、任天堂のコンソールが取り残されることはないと考えています。

Nintendo Everythingとのインタビューで、Engine Software開発担当副社長Ruud van de Moosdijk氏は、スイッチは『市場の独自の次元に存在し、今後もうまくいく』と述べました。コンソールの『一貫性』は、パワーが過度に重要ではないことも意味します。

『私の意見では、ニンテンドースイッチは以前のWiiと同じように、市場に独自の側面に存在し、PS5とXbox Series Xがリリースされたときでもうまくいきます。任天堂のコンソールがこれまでに何度もあったように、最速のプロセッサや最大のメモリを必要としない独自性を持っています。だから、任天堂が終わったと誰かが言うのを聞くと、いつも笑顔にならなければならない。』

Engine Softwareは、二の国やInto the Breachなど、いくつかのゲームをスイッチに移植しました。Ruud van de Moosdijk氏は、『システムが利用可能になる前から』適切なツールと開発環境を提供するという点で、同社が『素晴らしい仕事』をしていたため、任天堂を称賛していました。


関連リンク


PS5とXBOXシリーズXが従来型のパワーアップハードだと想定した場合、スイッチはまだ独自性を保てると指摘しているようですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment