ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS4の背面タッチパッドの各サイトのファーストレビュー記事が掲載



PS4の背面タッチパッドの各サイトのファーストレビュー記事が掲載されていて、どんな印象を持ったかといえそうで、これらはPS5に受け継がれていくのかというのが最大の争点になってくるでしょうね。


IGN
Back Button AttachmentがPS5の未来の兆候であろうと、ソニーからのきちんとした追加製品であろうと、私はそれを持っていることをとてもうれしく思います。その到着は、最初に添付ファイルをプラグインしようとするのと同じくらい奇妙かもしれませんが、数日遊んだ後では、すでにプレイステーションのプレイには不可欠なアタッチメントのように感じています。そして、コントローラーに組み込まれた世界を歓迎します。

Polygon
このアタッチメントは、ハイエンドプロコントローラーを販売しているすべての企業を沈めるものではありません。これらの製品は、単に2つのリアパドルを追加するよりもはるかに柔軟性とカスタマイズオプションを提供しています。しかし、まったく新しいコントローラーに100ドル以上を費やすことなく、バックパネルボタンの世界に飛び込むことを考えている人々にとって、DualShock 4 Back Button Attachmentは、わずかな費用で見事にその仕事をします。


Venture Beat
DualShock 4 Back Button Attachmentは、プレイステーションコントローラーに機能を追加する簡単な方法です。アイデアは、通常何もしない指に一般的なアクションをプログラミングすることにより、他の指を解放することです。これは、常にアナログスティックに親指を置きたいシューティングゲームに役立ちます。これで、フェイスボタンに移動することなく、ジャンプまたは格闘することができます。


Mashable
バックボタンのコマンドが役立つゲームを考えるのに苦労しているなら、これはおそらくあなたのための製品ではないでしょう。しかし、ソニーがDualShock 4にバックボタンを追加するための費用対効果の高いオプションをファンに提供しようとする最初の試みは大成功であり、その機能を取り入れたサードパーティのゲームが体験したことがあるならば、簡単に購入できます。


関連リンク


全体的に見てかなり好意的な感想を得ているので、この試みは成功しているとみていいでしょうね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment