ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

バンダイナムコは合併によって、1+1=2以上の相乗効果を生み出し、こうした例を紹介



バンダイナムコは合併によって、1+1=2以上の相乗効果を生み出したとしていて、こうした例を紹介していて、まぁセガから打診があったり、提案もあったりして、結果一番いい収まり方をしたといえそうですね。



平成の経済を振り返るとき、大企業の再編・統合を避けて通ることはできない。バブル経済の崩壊という時代の要請があったにせよ、異なる企業風土がぶつかり合うこともある。歴史のある大企業ほど、これまでの“文化”を捨て去ることは難しいが、逆に合併のシナジー効果を最大限に発揮している企業もある。

 例えば、ゲーム業界では2005年にナムコとバンダイが経営統合し、「バンダイナムコホールディングス」が誕生した。

「ナムコを一代で築いた故・中村雅哉社長が生き残りをかけた統合先を探している最中、バンダイの高須武男社長からバースデーケーキが届いた。中村氏が箱を開けるとバンダイとナムコのロゴが入っていて、『中村さん、この意味わかりますよね』『よし、やろう』とトップ同士が直に話して、統合が決まったとの逸話があります」(同社関係者)

 経営統合直後に同社に入社した、千葉商科大学国際教養学部専任講師の常見陽平氏が語る。

「ナムコは分業でゲームを作るメーカー。採用も細かく職種別に分かれていました。対して、総じてプロデューサー型の社員が多いバンダイ側は驚いたようです。統合当初はしばしば社内勉強会が開かれて『ナムコのレーシングゲームの作り方は奥深い』といった講義に旧バンダイ社員が耳を傾けていました」

 ナムコとバンダイの利益は合わせて約400億円だったが、現在では約870億円と倍以上に伸びた。


関連リンク


セガと合併していたら今頃どうなっていたかと考えると、本当によかったと感じさせますよね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

3 Comments

ゲーム情報さん  

合併で価値が落ちたスクエニって例もあるよね

2020/01/15 (Wed) 11:55 | EDIT | REPLY |   

ゲーム情報さん  

バンナムの名越こと原田なんてのがいるだけでダメダメでは

2020/01/15 (Wed) 22:19 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

原田氏はどうなんでしょう?よくわからないですけど、鉄拳シリーズ
に精通していますし、実績はありますね。

2020/01/15 (Wed) 22:24 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment