ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

マイクロソフトのMatt Booty氏がソニーとの次世代機競争の準備ができているかと尋ねられて答える



マイクロソフトのMatt Booty氏がソニーとの次世代機競争の準備ができているかと尋ねられて答えるとしていて、直接的な競争意識は低いらしく、その辺はXBOXOneから路線変更してきた流れを汲むといった感じですね。


Xbox Game Studiosの責任者であるMatt Booty氏は、ソニーはこの世代で『素晴らしい仕事』を成し遂げたと語り、マイクロソフトが今後の会社と『真っ向勝負』をするのを見ることはないと述べています。

MCV UKとの広範なインタビューで、Bootyはマイクロソフトが次世代でソニーと競争する準備ができているかどうかを尋ねられました。

『まず、ソニーはオーディエンスの構築、コンソールの販売、ファーストパーティチームから出てきた驚くべき素晴らしいゲームの数々に関して、全面的に素晴らしい仕事をしました。ソニーとの直接的なバトルとして、それらのフレーミングを避けようとしていますが、代わりに3つのことに集中するのは私たち次第だと思います。


まず第一に、私たちは約束を果たす必要があります。そのため、ゲームが特定の時間に出荷されると言う場合、開発を完了させている必要があります。そのため制作手法を改善する必要があります。質の高いバーを維持すること、そして私たちが誇りに思うことができるゲームをリリースしていること、そしてファンがXbox専用として誇りに思うことができることを確認する必要があります。そして最後に、世代、デバイス、プラットフォームを超越できるキャラクター、ストーリー、ワールドを構築し続ける必要があります。』


関連リンク


まさに我が道を行くといった感じになっており、それで結果が付いてくるかというところで、XBOXOne以上の成果は期待しているでしょうね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment