ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

開発が進んでいる『オーバーウォッチ2』に関して、その制作におけるエピソードや、どのような制作手法を取っているかなどを語るインタビュー記事が掲載



開発が進んでいる『オーバーウォッチ2』に関して、その制作におけるエピソードや、どのような制作手法を取っているかなどを語るインタビュー記事が掲載されていて、期待のハードルが高いだけに、それに答えようとしていますね。


Blizzard Entertainmentの副社長、Jeff Kaplan氏は、Overwatch 2は本格的な続編になると述べていますが、マルチプレイヤーゲームの続編のように、オリジナルを無視しない傾向があると述べています。次のタイトルがオリジナルとの共有PvP体験を提供することは既に知っていますが、Kaplan氏はGamesRadarに、Overwatch 2には『フル』PvEと続編限定の新しいコンテンツが付属することを指摘しました。

『完全な『ストーリー体験』を含むフルPvEを導入し、ゲームプレイを通じて初めてオーバーウォッチの物語を推し進めるストーリーミッションの完全なセットを実現します』とKaplan氏はGamesRadarに語りました。『私たちは、ヒーローミッションと呼ばれるプレイ可能なCOOP機能にも取り組んでいます。ヒーローミッションは、各ヒーローがレベルアップして新しいパワーを獲得できるプログレッションシステムによって強化されます。』

EDGE誌の最近の号で、Kaplan氏はBlizzardのOverwatchのビジョンを説明し、IPを単一のゲームではなくユニバースと見なしていることを明らかにしました。

『オーバーウォッチの私たちのビジョンは、インスピレーションを与えるヒーローを作り、包括性を受け入れ、チームワークに報い、明るい希望に満ちた未来に向けてプレイヤーを鼓舞することです。私たちは、オーバーウォッチをただのゲームではなく、ユニバースと常に考えてきました。オリジナルのゲームはオーバーウォッチの最初の表現でしたが、私たちは他の形式のメディアでオーバーウォッチを提案することを夢見ています。』


関連リンク


ストーリーミッションの完全な続編と、他のメディアにも進出したい意思があるとして思い描いていますね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment