ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

マリオ&ルイージがアルファドリームが破産後に商標登録を任天堂がしていたことが判明



マリオ&ルイージがアルファドリームが破産後に商標登録を任天堂がしていたことが判明していて、ブランドは存続させる意思があるようで、これが新作としてリリースされることが将来的にはあるのかといえますね。



Nintendo of Americaは、2020年1月9日にアルゼンチンでマリオ&ルイージシリーズの商標を登録しました。

この商標は、ビデオゲームと『スマートフォンのカバー』を目的として提出されました。また、マリオ’ルイージゲームの元デベロッパーであるアルファドリームの破産後、しばらくして提出されました。

企業が提出した商標は、必ずしも新しいゲームや製品が将来登場することを意味するものではないことを覚えておいてください。マリオ&ルイージシリーズが将来またいつか見られることを期待しましょう。


関連リンク


このゲームはFZEROなどとは違い、マリオが関係していたシリーズだったので、一定の人気もあり、どこかのデベロッパーに制作を依頼して任せる可能性もありますね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment