ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5がロンチに独占タイトルを用意している可能性を示唆(リライト記事)



PS5がロンチに独占タイトルを用意している可能性を示唆した記事が掲載(リライト記事)XBOXとは全く真逆の発想になっており、PS5でなければ遊べないという意味合いにおいては価値があるものになりそうですね。


これについては以前に投稿しましたが、Xbox Series Xに関するマイクロソフトの最近のコメントを踏まえると、PS5が発売時に独占的なゲームを持つことを繰り返すと思われます。これは、信頼できるKotakuの筆記者Jason Schreier氏が、ポッドキャストについて語っています。ここでは『コンソールエクスクルーシブ』について説明しているのではなく、次世代システムでのみプレイできるタイトルです。

これは歴史的に新しいコンソールの発売に対する期待でしたが、XBOXは今後発売されるすべてのタイトルがXbox OneとPCにも展開されることを確認しました。いくつかの点で、これは日本の巨人に足掛かりを与える可能性があります。レガシーハードウェアを念頭に置いてゲームを作成する必要がある場合、マイクロソフトが新しいアプライアンスの利点を完全に説明するのはさらに困難です。

サードパーティはまだPS4のかなりのインストールベースを活用したいので、PS5の発売タイトルの大部分はクロスジェネレーションになることを言及する価値があるでしょう。ソーシャルメディアの噂では、ブルーポイントが制作しているのはPS5のみのプロジェクトの1つであり、多くの人がそれがデモンズンソウルリメイクだと推測しています。グランツーリスモ7が宣伝されている一方で、新しいRatchet&Clankの可能性も示唆しています。

これら3つすべてがかなり強力なロンチラインナップになると考えています。これは、Killzone:Shadow FallとKnackの改善であることは確かです。ただし、公式の確認を待つ必要があります。


関連リンク


マイクロソフトの考えとソニーの考えは根本的な視点から違いますから、その辺はどう判断するかはパブリッシャーであり、そして、ゲーマーですよね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment