ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

6歳~15歳の子供たちに対し、ゲームにおけるペアレンタルコントロールはイギリスではわずか19%に留まり、キャンペーンを実施



6歳~15歳の子供たちに対し、ゲームにおけるペアレンタルコントロールはイギリスではわずか19%に留まり、キャンペーンを実施としていて、親が子供のゲームを管理するのは当然だという主張になっていますね。


YouGovが投票したイギリスの親、親族の半数以上が、子供たちがゲームに費やす時間に懸念を表明しているにもかかわらず、その20%だけがコンソールファミリーコントロールを使用しています。

ヨーロッパのInteractive Software Federationによる2019年の調査では、6〜15歳の子供の5人の親のうち1人がペアレンタルコントロールツールを使用してゲーム内の支出を管理していることが明らかになりましたが、2019 NSPCCの調査では5〜15歳の子供の親の19%しか見つかりませんでした。それら子供たちはインターネットに接続されたデバイスでファミリーコントロールを使用します。

これらの発見に応えて、イギリスインタラクティブエンターテインメント協会(Ukie)は、自由にコンソールの安全機能を使用することで、親が健全なゲームを促進できるように設計された新しいキャンペーンを開始しました。

ゲーム時間、ゲーム内での出費、他のプレイヤーとのオンラインでのやり取りを管理するために使用できるコンソールファミリーコントロールを有効にする方法に関するビデオは、askaboutgames.comで見つけることができます。

『これらのコントロールは、あなたが部屋にいなくても、時間と年齢に合ったプレーを効果的に管理するのに役立ちます』とUkie CEOのDr Jo Twist氏は述べています。『コントロールを設定するのに時間がかからず、家族が安全にゲームを一緒に楽しめることを意味します。』


『クリスマスに子供が自転車を渡された場合、子供にもスタビライザーが与えられると予想されます。家族の管理もまったく同じです』と彼女は付け加えました。


関連リンク

ペアレンタルコントロールをすることで健全なゲーム体験を促進となっていますが、いったい何分が理想と考えているのかは答えは出ていないですよね。その辺がちょっと曖昧なのが残念なところ。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment