ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

幻のプレイステーション~PS5までの据え置きハードを振り返る!



幻のプレイステーション~PS5までの据え置きハードを振り返る!という記事が掲載されていて、ゲーム参入の発端はみなさんご存じ、スーパーファミコンのCD-ROMが流れたことによって、独自の道を歩んだことからですね。


2020年末にはいよいよPlayStation 5が発売されるようです。初代PSが発売されたのは1994年ですので、約16年も経過しており、ゲーム機もかなりの進歩を遂げています。

今回は、これまでのPlayStationシリーズがどのように進化していったのかを振り返る特集記事をお届けします。なお、あくまで据え置き機のみを対象にしているため、PSPやPS Vitaは取り上げません。ご了承ください。

◆幻のNintendo PlayStation
まずは初代PSから……と思いきや、歴史としてはまず「Nintendo PlayStation」が最初となります。これは任天堂とソニーが共同開発したCD-ROMドライブ搭載型ゲーム機。スーファミのソフトも遊べるゲーム機になっていたようです。


残念ながらNintendo PlayStationの計画はなくなったため、これは商品化されていません。しかし白紙になってしまったからこそ、ソニーは自身でゲーム機を作ることになり、Play Stationの歴史が始まったのです。

◆1994年12月・初代PlayStation
初代PlayStationが発売されたのは1994年12月。世界累計売り上げは1億台を越えており、歴代では3位を記録しています。新規ハードとしては大成功といえるでしょう。


初代PlayStationのころは挑戦的なタイトルが非常に多く、海洋探索ゲーム『アクアノートの休日』や夢の世界をさまよう『LSD』など、とにかくいろいろなゲームを楽しめるハードでした。ゲームソフトの値段も安くなるなど、従来のゲーム機とはまったく違う部分が印象的でしたね。

周辺機器としてはPocketStationが特にインパクト大。『どこでもいっしょ』でトロとたくさん遊んだり、『ファイナルファンタジーVIII』や『サガ フロンティア2』でアイテムを探した人も多いのではないでしょうか。

■初代PlayStationの代表作(一部)
『パラッパラッパー』
『どこでもいっしょ』
『メタルギア ソリッド』
『アーマード・コア』
『グランツーリスモ』
『ファイナルファンタジーVII』
『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』


◆2000年7月・PS one
PS2に移る前に、PS oneというゲーム機も発売されました。これは初代PlayStationを小型化したもので、さらに液晶モニターをつけることもできる優れもの。電源こそ必要ですが、さまざまな場所で楽しめるゲーム機だったのです。


今からするとちょっと不思議なゲーム機に見えるかもしれませんが、当時はなかなか人気がありました。これで親に隠れてゲームを遊んだ人もいるかも。

◆2000年3月・PlayStation 2
2000年3月に発売されたPlayStation 2は、PlayStationシリーズで最高売り上げを記録したゲーム機です。その数、世界累計でなんと1億5000万台を超えるほど。


初代よりスペックが向上したためたくさん3Dアクションゲームが発売されましたし、初代PSとの互換性もあったので非常に人気がありました。何より重要だったのはDVDプレーヤー機能を有していたこと。このころはDVDプレイヤーもかなり値段が高く、「それなら比較的に安価でゲームもできるPS2のほうがいい」と手に取る人もいたほど。

PS2ではカメラを使ってゲームを遊ぶことができる「EyeToy」、ネットワークに接続することで『バイオハザード アウトブレイク』、『モンスターハンター』シリーズ、『ファイナルファンタジーXI』などのオンラインゲームを楽しめた「PlayStation BB Unit」も登場。ネット接続が当たり前になるのは次のPS3からですが、このころからもうネットを介したゲームプレイが楽しめていました。

■PlayStation 2の代表作(一部)
『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』
『キングダム ハーツ』
『グランド・セフト・オート:サンアンドレアス』
『ゴッド・オブ・ウォー』
『SIREN』
『真・三國無双2』
『ファイナルファンタジーX』
『モンスターハンター』


◆2003年12月・PSX
続いてはPSX。これはハードディスクを搭載したDVDレコーダーですが、PS2としての機能を併せ持つというもの。ゲーム機と呼んでも差し支えないかもしれません。

PS3をはじめソニー製品に採用されたUI「クロスメディアバー」が搭載されており、とても使いやすいという声も聞きました。これが後々の「torne」や「nasne」に繋がるのでしょう。

◆2006年11月・PlayStation 3
PlayStation 3は全世界での売り上げが8000万台を越える程度で、シリーズで比較するとちょっと目立たないゲーム機かもしれません。このころはXbox 360とマルチプラットフォームで展開するタイトルも特に多い時期でした。


とはいえ、『デモンズソウル』や『The Last of Us』などは今でもシリーズが続く非常に人気の高い作品です。また、初代PSとの互換性があったり、初代PSのタイトルをDLして遊ぶことができる「ゲームアーカイブス」に対応しているのも大きなポイント。おかげで未だにPS3をしまえないなんてゲーマーも多いのでは(かくいう私もそうです)。

新たなゲームコントローラーである「PlayStation Move」もPS3のころに発売されました。また、ネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」を繋げばTVを見ることも録画することも可能。お世話になった人も多いのではないでしょうか。

■PlayStation 3の代表作(一部)
『デモンズソウル』
『メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』
『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』
『The Last of Us』
『ダークソウル』
『ペルソナ5』


◆2014年2月・PlayStation 4
日本では2014年2月にPlayStation 4が発売されました。販売台数は2020年1月時点で1億600万台を突破。歴代2位を記録しており、これからも新作が登場するのでさらに数は伸びることでしょう。


PS4世代になるとさらにスペックは向上し、4K解像度に対応したPS4 Proも登場しました。シェアボタンも搭載されており、スクリーンショットを撮ったり動画を録画したり、あるいは手軽にゲーム配信をできるようになったのです。

周辺機器で特に印象的なのはやはりPlayStation VRでしょう。VRを手頃な価格で体験できるうえ、『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』といったPS4ならではのゲームも登場しています。

■PlayStation 4の代表作(一部)
『KNACK(ナック)』
『Detroit: Become Human』
『NieR:Automata』
『FINAL FANTASY XV』
『DEATH STRANDING』
『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』
『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』


◆2020年末・PlayStation 5
そして2020年のホリデーシーズンにはPS5がいよいよ登場します。スペックはかなり向上し、8K解像度に対応するほかSSDも搭載。「ロード時間が過去のものになる」なんて言葉も出ていて驚きますよね。


はたしてPS5でどんなゲーム体験を楽しめるのか。そしてどういったタイトルが出てくるのか。今から気になって仕方ありません


関連リンク


PS5に対しての期待の表れを感じさせるものになっており、今までいろんな機種やバリエーションもあった中でどんなハードに仕上がるか楽しみですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment