ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ソニーがPS5に対し、それに対応した4k、8kTVを準備中だと伝える



ソニーがPS5に対し、それに対応した4k、8kTVを準備中だと伝えていて、応答速度、HDR対応など、ゲーマーが満足するものに仕上がるだろうとしていて、最終的にサイズと値段が幾らになるかが決めてになりますね。



私たちは正直に言って、テレビの技術的な側面についてはあまり知りません。ただし、多くの現代のディスプレイはコンソールゲームを中心に構築されていないことがわかっています。その利用にかかわらず、お使いのテレビによっては、かなりの入力遅れ、不均衡な色、または他の問題に遭遇する可能性があり、あなたのPS4に対し、ソニーは、TechRadarによると、同社は、その次の波となるPS5において、それを念頭に置いたテレビに着手しているようです。

テレビをPS5対応にしようとする試みにおいて、ソニーは解像度と応答性を大きく向上させて、プレーヤーが最高の体験をできるようにします。2020シリーズの特定のテレビは、最大8Kの解像度、1秒あたり120フレームで4KHDR、および最新のHDMI入力規格を利用した高速応答時間を提供します。

ソニーの新しいフラッグシップディスプレイであるZ8Hは、60フレームで8Kまたは120フレームで4Kをサポートしますが、シリーズ内の他のテレビも同様のパフォーマンスが可能になるようです。最大85インチのセットと非常に高い解像度で、ソニーはあなたのPS5ゲームを歌わせたいと本当に思っているようです。どれだけの費用がかかるかはわかりませんが。

サイズ、解像度、技術の異なるさまざまなディスプレイが用意されているため、誰もが満足できるようにするというソニーの発言を疑う余地ははありません。


関連リンク


大画面で、そしてこれだけハイスペックとなるとかなりの出費を覚悟しないとならないですが、小さな部屋で遊ぶ際、モニターとのバランスも考慮されるものになりそうですよね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment