ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

フィルスペンサー氏はXBOXGamePassの月額価格を引き上げるようなビジネスモデルを行っていないと宣言、9.99ドルは守られていくことを示唆



フィルスペンサー氏はXBOXGamePassの月額価格を引き上げるようなビジネスモデルを行っていないと宣言、9.99ドルは守られていくことを示唆していて、その辺は他のライバルサービスとの競争も視野に入れていそうですね。



マイクロソフトがこの世代のコンソールで行った最大のことの1つは、Game Passサービスの開始です。月額わずか9.99ドル(3か月限定プロモーションで1ドルがありますが)、マイクロソフトのすべてのファーストパーティタイトルを含む膨大なゲームのカタログにアクセスできます。 。このサービスは、今後登場する次世代のコンソールや、マイクロソフトが将来生産する他のすべてのデバイスにも継続して提供されます。しかし、そのような小さな値札のサービスはどれだけ持続可能でしょうか?さて、Xboxのフィルスペンサー氏は、非常に持続可能だと考えているようです。

Stevivorに話すと、スペンサー氏は、マイクロソフトの計画が可能な限り多くのサブスクリプションを強化し、価格を上げようとしているという懸念を抱いています。彼はその懸念を否定し、Game Passは持続可能であり、現在のところ、大幅な価格上昇の計画はなく、マネーピットが多くの人が想定しているサービスもありません。

『私は一部の人々を知っています。私はそれを見ました。一部の人々は『ああ、彼らは顧客を獲得するために右往左往にお金を燃やすようなものです。』『私たちにとって、そのようなモデルはありません。現在運営しているビジネスに満足しています。私たちは間違いなくGamePassに投資していますが、持続不可能な方法ではありません。そしてプロモーションの取引などを行います。どんなサービスでも可能ですが、それはビジネスであり、成功するビジネスです。』

もちろん心地よい考えですが、最終的にはサービスの価格が上がる必要があるのは理にかなっています。マイクロソフトがまだサブスクライバーの数を把握していないことを考えると、これについて疑問に思わざるを得ません。サービスがあります。そのため、これがどの程度真実かを判断するのは困難です。


関連リンク


月額ストリーミングサービスはソニー、アップル、グーグル、そしてマイクロソフトとライバルが多くどこが生き残るか熾烈な競争になりますね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment