ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5のZen2CPUは8コア16スレッドを持ち、PS4から大幅な処理の向上が見込める有望なハードであるとアピール




PS5のZen2CPUは8コア16スレッドを持ち、PS4から大幅な処理の向上が見込める有望なハードであるとアピールしていて、その辺はPS4のボトルネックだったCPUが改善されることを意味しているようですね。


次世代が正式に1年足らずで、ハードウェアメーカーからゲーム開発者、聴衆まで、業界の誰もが新しいハードウェアの展望とそれがもたらす進歩について目に見えて興奮しているのは驚くことではありません。それ。PS5とXbox Series Xについてはまだ多くの情報がありませんが、ソニーとマイクロソフトはどちらも、コンソールについても興味深いことを明らかにしています。

たとえば、PS5はAMD Zen 2チップを使用します。これは、CPUをPS4に比べて大幅に向上させる可能性のある要因であり、開発者が熱意を持って私たちに語ったものです。過去数ヶ月。もう1つの開発者は、Arclight CreationsのPrzemyslaw Dabrowski氏です。彼は、今後のストーリーベースのアドベンチャータイトルHelp Will Come Tomorrowでプログラマーとして働いています 。

インタビューでGamingBoltと話し、Dabrowski氏はPS5のCPUについて高く評価し、開発者に与える追加のパワーは『多くのメリットを提供し』、『よりリアルで没入型の世界を作成する』ことを可能にすると述べました。

『8コア、16スレッドのZen 2 CPUは確かに、最新世代のコンソールに比べて大きく、エキサイティングな改善です』と彼は言いました。『利用可能な処理能力が増えると、開発者にとって多くのメリットが得られます。たとえば、手続き的に生成された重いゲームのシミュレーションや物理計算などです。そのため、優れた処理能力は、よりスムーズなゲームプレイ体験を提供するだけでなく、開発者である私たちに、より現実的で没入感のある世界を作成する可能性を提供します。』


関連リンク


CPUの劇的な改善によって、どれ位ゲームに影響を与えるのかというのも具体的に示しており、PS4からより進化したゲーム体験を見てみたいですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment