ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

WWE2k20が2020年に入った途端、クラッシュエラーを引き起こしプレイ不可能に一時期陥る



WWE2k20が2020年に入った途端、クラッシュエラーを引き起こしプレイ不可能に一時期陥ったとしていて、今は回復したようですが、バグ続きの本作だけに、いくらプロレス人気があるからといって、ここまで酷いとちょっと厳しいですね。



クラッシュエラーにより、2020年の初日に2KのWWE 2K20がプレイ不能になったようです。

広範なレポート(VGCによる検証)によると、レスリングタイトルは新年の変わり目にクラッシュし始め、メインメニューからゲームモードをロードしようとするとクラッシュしました。

このエラーは、ゲームのXbox One、PS4およびPCバージョンに影響しているようです。

更新: 2Kは、Twitterサポートアカウントによると、この問題を解決しました。


オリジナルストーリーの続き:Xbox以外のプラットフォームのユーザーは、システムの日付を2019年に戻すことで一時的に問題を解決できると主張されています。VGCは2Kにコメントを求めています。

WWE 2K20は、Visual Conceptsによって完全に開発されたシリーズの最初のエントリです。元共同開発者は、ベテランWWEスタジオYuke’sから出版社2Kが分割された後に担当しました。

Take-Two社長のカールスラトフ氏は、11月にWWE 2K20に対する否定的な反応に「失望」したと述べました。

『私たちはWWE 2K20のレビューと消費者のフィードバックに失望していますが、先週Visual Conceptsは多くの懸念に対処するパッチをリリースし、ゲームプレイ体験をさらに強化し続けます』と11月にコメントしてます。

『WWEブランドは世界中で拡大を続けており、ゲームの品質を改善することにより、WWE 2Kシリーズを成長させるための長期的な機会がかなりあると考えています。』

2K20より前は、日本のスタジオYukeがほぼ20年間メインラインWWEタイトルの開発者であり、1999年のPSOneのSmackdown以来シリーズに取り組んできました。

2Kの2013年のゲーム権の獲得により、Visual Studiosがサポートスタジオとして導入されました。通常、両社はYukeの主要なデザイン、アート、技術で職務を分担し、Visual Conceptsはアニメーション、音声、スクリプト作成を提供しました。


関連リンク

今まではありえないようなバグを連発して、そして、今回は一時期プレイ不可能に陥るなどブランド力に失墜につながりかねない事態なだけに、今後の見直しが迫られそうですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment