ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ドラクエウォークの新イベントは世界観が微妙?どんな事を行っているかピックアップ



ドラクエウォークの新イベントは世界観が微妙?としていて、どんなことを実際に行っているのかというところであって、その辺をピックアップしているようですね。


おせちの材料を集める…世界観はどこへ?
 2019年12月27日(金)、スマホゲーム『ドラゴンクエストウォーク(以下、ドラクエウォーク)』で、新イベント「2020大冒険 伝説のおせちを探して」がスタートしました。


 11月21日(木)から続いていた『ドラクエIV』のイベントが終了し、プレイ画面を起動したユーザーの前に現れたのは、「何もない」フィールド。『ドラクエIV』のイベントでは、ミネア、マーニャ、トルネコ、アリーナ、ライアン、ピサロとフィールド上で会い、絆を深めてきました。なんの別れの言葉もなく消えてしまった彼らに、ユーザーからは「寂しい」という声も聞かれました。

 そして始まった新イベントは、強敵を倒しながら、おせちに必要な材料を集めるというもの。フィールド上や、強敵を倒して手に入るのは、ダテじゃない伊達巻、こがねの栗きんとん、スライムれんこん……などなど、「ヒノデのくに」のお正月を彩るおせちの具。「なんだか、ドラクエの世界観と違うような……」と微妙な気持ちになるかもしれません。

『DQウォーク』伊達巻、栗きんとんを拾い集める…新イベントは世界観が微妙?

『ドラクエIII』には、「ジパング」という国があり、「ヒミコ」「やまたのおろち」といった日本をイメージさせるキャラクターが登場しました。そう考えると、「ヒノデのくに」で、父の跡を継いで料理人を目指す「アズキ」などの新キャラクターも違和感がありすぎる、とは言えないかもしれません。

 また、新たな「ふくびき」に登場したのは「書聖」の装備。巨大な書き初めの筆をイメージさせる「書聖のつえ」や「書聖のはかま」など、和のデザインがされた武器や防具です。以前のイベントでは、過去のドラクエシリーズに登場した「ロトのつるぎ」「天空のつるぎ」などが、往年のファンに「欲しい!」と好評でした。今回の新装備の反応はいまひとつの様子です。

 好評だった「天空そうび」のふくびきは期間を延長して実施中。まだ欲しい装備が手に入っていない場合は、こちらを狙うユーザーの方が多いのではないでしょうか。

「いつも寝正月で太ってしまう」という人にとって、ドラクエウォークは外に出て歩く良いきっかけになります。街のあちこちにあるおせちを拾い集める年末年始も、「悪くないな」と思えるかもしれません。

 遠出する機会も増える季節。ドラクエウォークは、全国各地の「おみやげ」を集めるのも楽しみのひとつです。


関連リンク


おせちの具材を探していろんなものをゲットするという趣向のようで、正月限定イベントといえるものでしょうね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment