ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

元NOAのレジー氏は当時からゲームコレクションを収集していて、80本を超えるソフトを抱えていたと指摘



元NOAのレジー氏は当時からゲームコレクションを収集していて、80本を超えるソフトを抱えていたと指摘していて、ゲーマーであった一面も覗かせておりファンとの交流に役に立ったようですね。


元任天堂アメリカ大統領のレジー・フィルス・エイメは常に彼が任天堂のファンだと言っていて、彼が若い頃にマリオや他の任天堂のマスコットと過ごした時間について多くの話を聞いてきましたが、彼が特定のシステムで実際に所有しているゲームの膨大な量に言及したことがありませんでした。

レッドカーペットのインタビューハリウッドリポーターがゲーム大賞で、レジー氏に対し、任天堂との彼の初期の経験について尋ねました。彼の最初のシステムはスーパーファミコンで、『80以上のゲーム』があり、2003年にセールスおよびマーケティングのエグゼクティブバイスプレジデントとして入社した際、ファンの理解とつながりを深めました。

『そのシステムには80以上のゲームがありましたが、コンテンツをよく知っていたので、それがファンや会社の助けになったと思います。私にとって、それは成長の一部でした。私はNOAに15年間いました。』

任天堂のファンは、80のSNESゲームのライブラリに感銘を受けるはずです。彼のコレクションには他にどんな宝石があったのだろうか。


関連リンク


レジー氏のゲームデビューはスーパーファミコンだったとしていて、思い入れの強い作品もいろいろあるんでしょうね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment