ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ドラクエウォーク攻略、ドラクエ4イベント:究極エビルプリースト、ヘルバトラーより安定して倒せる?



ドラクエウォーク攻略、ドラクエ4イベント:究極エビルプリースト、ヘルバトラーより安定して倒せる?としていて、目下チャレンジ中の人もまだの人も気になる話になっていそうで、その辺はチェックしてもいいかもしれないですね。



人気ARアプリゲーム『ドラゴンクエストウォーク』(ドラクエウォーク)で12月13日より、『ドラクエ4』イベントの第3章が配信。ついに同イベントのラスボスとなる「究極エビルプリースト」が登場した。

 3章4話「エスターク神殿へ」で対峙するのは、最終進化前の究極エビルプリースト。上級の推奨レベルは48で、メラ系耐性がないとなかなか痛い「メラミ」に、全体大ダメージの「イオラ」&「かえんのいき」を使用する。単純に火力が高く、全体回復の「いやしのかぜ」は必須だが、状態異常などのいやらしい攻撃はしてこないので、レベルがそれなりに高く、回復をこまめにしておけば安定して倒せるだろう。

 そして最終話となる5話「進化の果てに」で登場するのが、野望のため完全体に進化した究極エビルプリーストだ。デスピサロ戦と同じく、変体の様子がムービーで見られるのがうれしい。

 最終進化形の究極エビルプリーストは、大幅にパワーアップしている。「メラミ」「イオラ」「かえんのいき」に加えて、全体特大ダメージの物理攻撃「ふみつけ」、守備力を上昇させる「スカラ」、魔法攻撃を反射する「マホカンタ 」、さらに味方一体を睡眠状態にしてしまう「あやしいひとみ(ひとみをあやしく光らせる)」まで使用してくる。

 結論から言うと、筆者は推奨レベルぴったりの平均50レベルで、初見で攻略することができた。基本的には丁寧に回復しつつ、バイシオン重ねがけの前衛2人(戦士&武闘家)でコツコツと削っていく、という戦法だ。相手の攻撃がなかなか痛いので、後衛の2人(魔法使い&僧侶)はサポートに徹し、欲を出さないようにする。ただ、マホカンタが入っていないときは、魔法使いのメラミでダメージを奪っておきたい。低確率ながら、相手の攻撃力を下げる「やいばくだき」が入るので、ふみつけ攻撃が攻略の障害になりそうなプレイヤーは試してみるといいだろう。

 「あやしいひとみ」は確定で眠らされるわけではなく、状態異常の確率を下げる「まもりのたて」を入れておくのも効果があるかもしれない。ただ、凶悪だったヘルバトラーの「おたけび」と違って単体攻撃のため、使用頻度とミスがあることを考えても「食らったら『めざめの花』で即起こす」という対策で十分だろう。補助呪文を多用することから、「強力な全体攻撃を連発される」という事故要素も少なく、レベルさえ低くなければ安定して倒せそうだ。

 これにて、「強敵」に「仲間システム」と盛りだくさんだった『ドラクエ4』イベントも一段落。メインシナリオの更新も待ち遠しいが、『ドラクエ2』や『ドラクエ3』『ドラクエ5』など、初期の名作がイベント化されるのも楽しみだ。まずはまだ期間のある『ドラクエ4』イベントで、強敵を倒し、仲間との絆を深めて報酬を集め、万全の状態で新年を迎えたいところだ。


年内にはケリをつけたいイベントといえそうで、これをクリアして晴れて新年を迎えたいですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment