ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

世界各地でニンテンドースイッチが絶好調!この調子がいつまで続くのか?



世界各地でニンテンドースイッチが絶好調!この調子がいつまで続くのか?としていて、今年のホリデーはスイッチが中心に推移しているのは間違いないので、今年がある意味最大の売り上げに繋がる可能性が大きい年ですね。


ニンテンドースイッチの好調さについてまず、2019年9月中間連結決算で確認しておこう。売上高は前年同期比14.2%増の4439億円、営業利益は53.4%増の942億円、純利益は4.0%減の620億円だった。純利益は外国為替市場で円高が進み、205億円の為替差損が発生したことが響いたが、営業利益は5割増という躍進ぶりだ。

 半年間に世界でニンテンドースイッチのハードが売れた台数は693万台と前年同期(507万台)より36.7%増えた。このうち約3割にあたる195万台が9月に発売したばかりの小さくて軽い携帯専用の「ニンテンドースイッチライト」。ライトは従来のスイッチを持っている人が買うケースも少なくないという。693万台のうち国内が177万台、米大陸263万台、欧州177万台などと海外比率が4分の3に達していることも任天堂の強みと言える。

 半年間に売れたスイッチのソフトは前年同期比38.8%増の5849万本。6月に発売した「スーパーマリオメーカー2」(393万本)、9月に発売した「ゼルダの伝説 夢をみる島」(313万本)など自社の人気シリーズのほか、ソフトメーカー発のものを含め、半年間のミリオンセラーは11タイトルとなった。人気ソフトの発売はハードの購入を促し、それがさらにソフト販売を押し上げるという相乗効果もある。

ポケモン最新作もスイッチ史上最速ペースの売れ行き
 年末に向けても、大型ソフトの投入が続いている。特に話題を呼んだのが冒険しながら運動する「リングフィットアドベンチャー」(10月18日発売)、「ポケットモンスター ソード・シールド」(11月15日発売)だ。「アドベンチャー」はスイッチのコントローラーを体に装着して60種類のフィットネスをするという新機軸で、新垣結衣さんのテレビCMも後押しして人気に火が付いた。発売以来、品薄が続いており、増産する方針。「ソード・シード」はポケモンシリーズで初のスイッチ専用ソフト。ポケモンは固定ファンが多く、安定した販売を見込める。期待を裏切らず初週販売本数は全世界で600万本を突破。スイッチ向けソフトとしては史上最速という。


関連リンク


任天堂の掲げていた今期1800万台はらくらくクリアできそうで、ある意味最大の売り上げを誇る年になりそうな勢いですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment