ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ニンテンドースイッチが中国で一般販売されて、5万台が売れたと第一報で入る



ニンテンドースイッチが中国で一般販売されて、5万台が売れたと第一報で入っていて、予約で10万台でしたから、どこまでセールスを伸ばせるのかというのと、ロンチタイトルが1本のみという現実もあって、厳しい船出ですね。



ニンテンドースイッチはついに中国でデビューしました、そしてそれはまともなスタートを切っているようです。Niko Partnersは、システムがリリース日に5万台以上を販売したと推定しています。

オンライン小売業者のJD.comによると、ニンテンドースイッチはそのWebサイトを通じて2万台以上を販売しました。バイヤーの47%は16〜25歳でした。TMallは午前10時までに1万台単位で販売し、30歳未満の購入者の75%を見ました。

Niko Partnersは、ニンテンドースイッチの販売が2019年末までに10万台に増加すると考えています。合法市場とグレー市場の両方の売上を計上すると、2022年までに中国の主要コンソールとしてPS4を超える可能性があります。


関連リンク

グレー市場という中国らしいフレーズもあって、中国共産党がゲームを締め付けたためにコンソールゲーム機は壊滅してしまっただけに、そこからの再生はありえるのかというのも興味深いですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment