ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

2020年のホリデーに発売される『プロジェクトスカーレット』の名前の由来はコンソールの機能を判明していると指摘



2020年のホリデーに発売される『プロジェクトスカーレット』の名前の由来はコンソールの機能を判明していると指摘されていて、いったいどんな意味が込められているのかというのが気になりますね。


Xboxの責任者は、プロジェクトスカーレットの最終的な名前はコンソールの機能を反映していると述べています。

Halo Infiniteと一緒に2020年のホリデーを開始する スカーレットは、2001年のXbox、2005年のXbox 360、2013年のXbox Oneの足跡をたどります。

Xboxのボスであるフィルスペンサー氏は、プラットフォーム所有者がStevivorとのインタビューでコンソールの名前を付ける方法を説明しました。

『私たちの命名規則は、機能と思われるものを中心にしています』と彼は言いました。

『Xbox 360は、ボックスの周りのエンターテイメント体験と、そのエンターテイメント体験の中心に関するものでした。』

『Xbox Oneは、ブランディングを早い段階で覚えていれば、常に入力が行われ、すべてが1つになっています。これらの名前は、実際にハードの目的に基づいて作成されました。』

『これらハードは一種の自己完結型だから、今までの足跡をたどる必要はないと思う』とスペンサー氏は言った。

ソニーは最近、次世代コンソールがPS5と呼ばれ、2020年のPSホリデーに開始することを確認しました。

PS5と同様に、スカーレットの焦点の多くはNVMe SSDカスタムに比重が置かれ、これによりロード速度が劇的に向上すると報告されています。

Xboxは、この技術をProject xCloudストリーミングプラットフォームと組み合わせて使用​​し、ゲームをダウンロードする際の待ち時間を事実上なくすと主張しています。

SSD技術は、Xbox Oneの従来のタイトルにも適用され、スカーレットハードウェア仕様の向上から恩恵を受け、ロックが解除されたフレームレートを特徴とするゲームがあります。

スペンサー氏は以前、マイクロソフトはプロジェクトスカーレットのグラフィック強化よりもフレームレートとプレイアビリティの改善を優先していると述べました。


関連リンク

どちらのハードも同じような特徴があるだけに、どこで差をつけて違いをアピールできるかでしょうね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment