ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

コナミからサイレントヒルのサイトドメインが売りに出されていると指摘、今後のゲーム制作を放棄か



コナミからサイレントヒルのサイトドメインが売りに出されていると指摘、ゲーム制作を放棄かとしていて、どんな経緯でこのような事態になっているのかといえそうで、言葉通りならば買い手がいるのかどうか?



Twitterユーザーbobvids氏は最近、公式のサイレントヒルのドメイン名がなんと9,835ドルで販売されていることを発見しました。

RelyonHorrorは詳細を調べて、8月からドメインが販売されていることを発見しました。そのため、コナミがそれを回収する予定はないようです。それでも、一部のファンは、IP所有者が何らかの行動を取ることを望んでおり、少なくともIPに何らかの関心があることを示しています。

RelyonHorrorによると、SilentHill.comは2008年以降積極的に使用されていません。これ以前は、元のゲームの公式Webサイトとして機能していました。2008年から2019年までは、サイレントヒル関連の検索用語を表示するパークドメインとして存在していました。

とはいえ、コナミがドメインを手放すことは、会社がまだブランド名を使用しており、IPを所有していることを考えると、少し奇妙に思えます。最新のサイレントヒルのプロジェクトでは、新しいゲームを取得していない一方で、コナミはスロットマシンとしてサイレントヒルをまだ作っています。


関連リンク


今ではスロットマシンにしか使われていないということで、すっかり凋落してしまい、ゲームの存在価値がもう薄いようですね・・・

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment