ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

プレイステーションのスーパーコンピュータへの試みとその終焉



プレイステーションのスーパーコンピュータへの試みとその終焉とした海外記事が掲載されていて、PS2~PS3に渡って採用されたとしており、いったいどんな計算をするのに活用されていたかですね。



ゲームコンソールは、2002年にソニーがPS2用のLinuxというキットをリリースしたときにスーパーコンピューティングシーンに参入しました。『彼らはコードを書くことができ、それが機能するようにブリッジを構築しました。』Steffen氏は現在、国立スーパーコンピューティングアプリケーションセンター(NCSA)の上級研究科学者です。2002年、彼はグループに参加し、PS2を大量に購入し、Linuxキットを使用してそれら(およびそのEmotion Engine中央処理装置)をスーパーコンピューターに似たものに接続することを目標にプロジェクトに取り組み始めました。

60〜70台のPS2を接続し、コードを作成して、ライブラリを構築しました。『うまく起動しましたが、それではうまく機能しませんでした』とSteffen氏は言いました。メモリには技術的な問題がありました。彼のチームが制御できない2つの特定のバグです。

実行するたびに、実行したマシンのカーネルがこの奇妙で不安定な状態になり、再起動する必要がありました。これは残念なことでした』とSteffen氏は言います。

彼らはプロジェクトを比較的迅速に停止し、NCSAの他の質問に移りました。Steffen氏は、プログラムの記念として、古いPS2の1つをまだ自分の机に置いています。

しかし、それはPlayStationのスーパーコンピューティングの冒険が終わりを迎えた場所ではありません。PS3は、強力なハードウェアとデバイスにLinuxを簡単にロードできる方法で2006年後半に登場しました。研究者は依然としてシステムをリンクする必要がありますが、突然、概念実証のプロトタイプではなく、これらすべてのデバイスをゲームチェンジャーである何かにリンクすることを想像することができました。

ブラックホール研究者のGaurav Khanna氏がUMass Dartmouthで想像していたことは確かです。『ブラックホールで純粋な期間のシミュレーション作業を行うことは、通常、多くの資金を集めません。それは、それが社会とあまり関係がないからです』と Khanna氏は言いました。

お金はタイトで、それはさらに厳しくなっていた。それで、カンナと彼の同僚は解決策を考えようとしてブレインストーミングをしていました。彼の部署の人の1人は熱心なゲーマーで、IBMが作ったPS3のCELLプロセッサに言及していました。同様の種類のチップが、高度なスーパーコンピューターの構築に使用されていました。『それで、私たちはそれに興味を持ちました。これは、科学を誤用する可能性がある興味深いものですか?』と、 Khanna氏は言います。

ソニーの新しいマシンの仕様に触発され、天体物理学者はPS3の購入と独自のスーパーコンピューターの構築を開始しました。Khanna氏がコードを形にするのに数か月かかり、プログラムを正常な状態に整理するのにさらに数か月かかりました。彼らは8人で始めましたが、終了するまでに、彼は自分のスーパーコンピューターを持っていて、176台のコンソールをつなぎ合わせて実験を実行する準備ができていました。宇宙のジョッキーやブラックホールのシミュレーションを実行するために他の研究者にお金を払う必要はありませんでした。突然、彼は複雑なコンピューターモデルを実行したり、より一般的なスーパーコンピューターの数分の1のコストで暗号化の競争に勝つことができました。


ほぼ同時期に、他の研究者たちも同様の考えを持っていました。ノースカロライナ州のグループも2007年にPS3スーパーコンピューターを構築し、数年後、ニューヨークの空軍研究所でコンピューター科学者のマークバーネル氏は、コンドルクラスターと呼ばれる同様のプロジェクトに取り組み始めました。


タイミングは良くありませんでした。Barnellのチームは2009年にプロジェクトを提案しました。ソニーが元のPS3とは異なり、Linuxを実行する機能を持たない、単純化されたPS3スリムに移行したのと同じです。ハッキング後、ソニーは、既存のPS3システムからLinuxを実行できるシステムであるOpenOSをプルするファームウェアアップデートを発行しました。そのため、便利なコンソールを見つけるのがさらに難しくなりました。空軍は、当時シカゴの外の倉庫にあった棚から引き出していた未更新のPS3をソニーに販売するよう説得しなければなりませんでした。多くの会議が必要でしたが、最終的には空軍が探していたものを手に入れ、2010年にこのプロジェクトは大きなデビューを果たしました。

5マイルのワイヤで接続された1,700台以上のPS3で実行されたコンドルクラスターは巨大で、Khanna氏のプロジェクトを小さくし、監視ドローンの画像を処理するために使用されました。全盛期には、世界で35番目に速いスーパーコンピューターでした。

しかし、これは長続きしませんでした。これらのプロジェクトが構築されている間も、スーパーコンピューターは進歩し、より強力になりました。同時に、ゲーム機は単純化され、科学にとっては役に立たなくなりました。PS44 は、元のPSとWiiの両方を上回り、現在PS2が保持しているベストセラーゲーム機に近づいています。しかし、研究者にとっては、ほとんど役に立たなかった。それより前にリリースされたPS3のよりスリムなバージョンのように、PS4はスーパーコンピューティングマシンの歯車に簡単に変えることはできません。『PS4に目新しいものはありません。単なる普通の古いPCです』とKhanna氏は言います。『私たちはPS4を活用して何かをやる気はありませんでした。』


PlayStationスーパーコンピューターの時代は終わりました。


関連リンク


ゲーム機として扱いやすいものになった反面、その代償がスーパーコンピュータに適さなかったものだったとして、過去の産物になってしまったようですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment