ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

昨年のGame Awards 2018で、ソニー、マイクロソフト、任天堂の3人のトップが顔を並べてあいさつした際、これを実現させるためには途方もない苦労があったと伝える



昨年のGame Awards 2018で、ソニー、マイクロソフト、任天堂の3人のトップが顔を並べてあいさつした際、これを実現させるためには途方もない苦労があったとしていて、奇跡のショットだったようですね。


Game Awards 2018は非常にきちんと開かれました。任天堂のReggie Fils-Aime氏は、Sony Interactive Entertainment Worldwide Studiosの会長であるShawn Layden氏とXboxのボスであるPhil Spencer氏とともに、短いスピーチのためにステージに現れました。レジー氏とレイデン氏はその後、それぞれの会社を退職、退職しましたが、ゲームコミュニティ内で連帯を示すのに最適な方法でした。

今週のReddit AMAで、The Game Awardsの作成者でありホストのGeoff Keighley氏が、その瞬間がどのように結びついたかについて語りました。ケイリー氏は、『それを実現するには交渉に数か月かかりました』と言い、実際にショーが放映されるほんの数日前に『崩壊したと思った』と語った。ありがたいことに、すべてが最終的に一緒に戻ってきました。

『長い間、私の夢でした。私は3人全員に個人的に尋ね、彼らはそれをすることに同意しましたが、それを実現するのに数ヶ月の交渉が必要でした。ショーの数日前、バラバラになったと思って、本当に悲しかった。しかし、魔法のように一緒に戻ってきました。これらのショーを制作することは常に感情的なジェットコースターですが、私はその瞬間を本当に誇りに思っており、それを実現することができて良かったです。』


関連リンク


あの3人が一緒にならんでいたのはインパクトがありましたが、途方もない苦労をしていたことがわかりましたね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

2 Comments

ななしさん  

他社が嫌だから拒否ってたのか…それとも退社予定だったから拒否っていたのか…
疑惑、より深まった(政治風)

2019/12/09 (Mon) 20:32 | EDIT | REPLY |   

marukomu  

まぁすんなりとはいかなかったというのが現実のようですね。
結局2人退社していますし、その辺は今年も又同じことが
再現できればわかりやすいですね。果たして実現なるか?

2019/12/09 (Mon) 20:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment