ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

妖怪ウォッチ4++の店頭消化率は20%で低迷、復活なるか?



妖怪ウォッチ4++の店頭消化率は20%で低迷、復活なるか?としていて、予想以上に苦戦しているようで、ブームが去ってからの売れゆきがかなり厳しいものになっており、今後はどうなっていくのか?



本日、妖怪ウォッチ4 ++が今週日本で発売されたときのパフォーマンスについて詳しく説明します。

初期の販売データは、日本でのゲームの売り上げが低いことを示唆しています。日本の小売業者は、20%の店頭消化率を報告しています。これは、小売業者に出荷された100コピーに対し、20のみが販売されたことを意味します。これから出る唯一の良いニュースは、PS4バージョンよりもスイッチ版が売れていることだけです。

妖怪ウォッチ4 ++で見つかった新しいコンテンツは、妖怪ウォッチ4のDLCとしても購入できることを忘れてはなりません。これは売り上げの低さを説明するかもしれず、ファミ通が来週、売上高を発表する際に、どれほど売れ行きが悪いかについて、おそらくもっと良いアイデアがあるでしょう。


関連リンク


売り上げがかなり悪いとしていて、これは厳しい結果が予想されるだけに、年末年始でどう推移するかですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment