ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Googleとアップルがゲーム業界に本格参入、業界地図を変えるか?



Googleとアップルがゲーム業界に本格参入、業界地図を変えるか?としていて、今のところこれら黒船の影響はまだ限定的であって、数年後に化けるかというもので、その辺は各社見極めたいところですよね。



これまでのビデオゲームは、常にハードウェア性能による制約に悩まされてきた。Atariやファミコンの時代はもちろんそうだし、現代のSwitchやプレイステーション4にしたって、陳腐化する日は必ず訪れる。ゲーミングPCの場合、パーツの組み換えなどで割と融通が利くものの、やはり永遠に“最新型”ではいられない。

 そんななか、世界企業「GAFA」に数えられるGoogleとAppleが、それぞれ別のアプローチで、ゲーム業界の地図を変えようと目論んでいる。それが「Google Stadia」と「Apple Arcade」であり、奇しくも両者ともに2019年秋にサービスを開始した。

Google Stadiaの明白な弱点
「Google Stadia」は、「クラウドゲーミング」を標榜するゲーム配信サービス。12月3日現在、計31タイトルをサブスクリプション形式でプレイすることができる(ただし日本には未対応)。なお、Chromeブラウザが動作するコンピュータなら、機種を問わずに遊ぶことが可能である。


 Stadiaでは、ゲームに必要な難しい演算は家庭のコンピュータではなく、Googleの運営するサーバーがすべて担う。したがって、プレイヤーの端末に与えられる役割は「入力」と「映像の表示」だけだ。着想としては、昨今の国会討論でも話題になっている「シンクライアント方式」に近い。

 そのため、ネットワーク速度さえ出ていれば、「Chromecast」や「Chromebook」といった安価なコンピュータでもグラフィックに凝ったゲームを遊ぶことができる。これは確かに強みなのだが、入出力はすべてインターネット経由で行われるため、どうしてもラグが大きくなるという欠点がある。

 しかもStadiaの配信作には、0.1秒の遅延が命取りになるようなアクションゲームやFPS(本人視点シューティングゲーム)が多い。すでにStadiaでゲームを遊んでいる英語圏のユーザーは「super laggy」「too laggy」(ともにラグがヒドいといった意味)と怒っているが、これも仕方ないところだ。

日本メーカーも期待をかけるStadia
 もしも設備投資や技術開発が進み、Stadiaがラグなく遊べるようになったならば、最新ゲームを遊ぶために高価なゲーミングPCをあつらえる必要はなくなる。Googleの狙いはおそらく、現在もっぱらスマホアプリでゲームを遊んでいる層を取り込むことだろう。


「どうせ洋ゲーばかりでは」と思いきや、日本メーカーのタイトルも配信されている。『ファイナルファンタジーXV』(スクウェアエニックス)や『進撃の巨人2』(コーエーテクモ)、『ドラゴンボール ゼノバース2』(バンダイナムコ)がローンチタイトルに選ばれており、今後もこれらのメーカーの作品が追加されていく可能性も高い。

 また、通信を用いるというと「対戦ゲームありき」の印象が強いが、農業経営を体験できる『Farming Simulator 19』のような渋い作品がラインナップされていて、1人用ゲームの充実にも希望が持てる。

 ところで、端末の性能を越えたグラフィックで遊べることが「Stadia」の最大の武器であることはすでに述べた。それなら『Sim City』や『Cities: Skylines』のような、ゴリゴリのシミュレーションゲームをラインナップに加えておくべきだったのではないだろうか。これらは格闘ゲームやFPSとは違い、多少のラグがあっても遊べるゲームである。少々もったいないものを感じる。

iPadでもMacでも遊べる「Apple Arcade」
 月額600円のサブスクリプション形式でたくさんのゲームを遊べるのが「Apple Arcade」だ。「アーケード」ゲームというと我々は、コンティニューのたびに100円を取られるあの筐体を思い出すが、システムとしては正反対だといえる。


 Stadiaとは異なり、Apple Arcadeが動作するのはApple製の端末だけだ。iPhone、iPad、Mac、Apple TVの4シリーズがこれにあたる。ハードがすべてApple製ということもあってすり合わせが容易なため、ソフトとハードの相性問題というのはまず発生しない。

 ゲームはすべて端末にダウンロードして遊ぶので、Stadiaのような「クラウドゲーミング」をするわけではない。「100以上の新作タイトル」が存在することを謳っており、バラエティでもStadiaを上回っている。また公式サイトでは、追加の課金が発生しない、広告も表示されないなど、既存の「スマホゲーム」にありがちな難点を払拭したことを強調。これは子を持つ親を意識したものだろうか。

 ただし、既存のスマホゲームで遊ぶのとどれほど違うのかというと、微妙なところだ。App Storeには600円未満で買えるアクションゲームがいくらでもある。「100を超えるタイトル」とは言うものの、App Storeの品揃えに比べるとやはり見劣りする。

「ゲーミングMac」というMac派の夢
 Windowsが市場を席巻した90年代以来、長くにわたってMacは「ゲームに弱いOS」だと考えられてきた。特に日本のゲームメーカーからのオリジナル作品のリリースは僅少で、移植されるのもごく一部のヒットタイトルだけだったため、たとえば2000年代の美少女ゲームブームも、Mac派は指をくわえて見送るほかなかった。


 そんなMacユーザーに「潮目が変わった」と思わせる出来事は過去にもあった。2005年にAppleは、Macの搭載CPUをIntel製のものに切り替えると発表。これを機に、Mac向けのゲームが多数登場するのではないかという希望的観測が生じた。しかしその後の5年間も、PCゲーム業界におけるMacは傍流に甘んじている。

 2011年にAppleは「Mac App Store」のサービスを開始。当時すでにiOS向けのApp Storeではゲームアプリが多数展開されていたため、「Macがゲーミングプラットフォームとして発展するのでは」という期待を抱かせた。しかしやはり、Macのゲームがメインストリームになることはなかった。

「Macでゲーム」も当たり前の時代に?
 Mac派のゲーマーにとって救世主となったのは、有志によって開発されている無料ソフト「Wine」である。この特殊なアプリケーションを介することで、すべてではないが、Windows向けのゲームソフトがMacで動作するようになった。


 また、2010年にMacに対応した「Steam」も存在感が大きい。これは、MacやWindowsなどのコンピュータ上で、複数のゲームを購入して遊べるプラットフォームである。意外なところでは、このSteamのおかげで『RPGツクール』シリーズが初めてMacに対応した。

 このように、現在はMac派にも「ゲームの選択肢」が少なからず存在している。Macにかぎって言えば、Apple Arcadeの最大の競争相手はSteamではないかと思う。決まったタイトルを遊びたいだけなら、Steamの買い切りシステムのほうが安上がりなのは間違いない。


関連リンク


ゲーム機が必要なくなる時代が来ると叫ばれていますが、レンタル式でゲームを遊ぶこと、ネット接続が必須なことなど、まだまだハードルが高いと思いますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment