ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

SIEからリリースされるファーストパーティータイトルはPS専用であり、PCなどとのクロスプラットフォームにはならないと断言



SIEからリリースされるファーストパーティータイトルはPS専用であり、PCなどとのクロスプラットフォームにはならないと断言されていて、噂が浮上していただけに、それを一蹴したものになりましたね。



次世代が1年先になり、私たちは皆、非常に具体的な質問について考え始めています。たとえば、新しいコンソールはどのゲームで起動するのでしょうか。それは、PS5とXbox Oneが発売される前に、来年、現在の世代のシステムですでに発売されているすべての主要なタイトルを考慮すると、さらに適切になる質問です。

Microsoftは、Xbox ScarlettとHalo Infiniteを発売する 際に興味深いアプローチを取っています。 このゲームは、Xbox One(そしてもちろんPC)向けにもリリースされます。では、ソニーは自社のファーストパーティPS5ローンチタイトルでも同様のことを行うことができますか?ゴーストオブツシマは その完璧な例であり、開発の遅延が報告されているため、多くの人が最終的にクロスジェンゲームになると感じています。

しかし、KotakuのJason Schreier氏によると、そうではありません。Kotakuポッドキャストで最近話したこととして、彼の知っていることに基づいて、ソニーはPS5を発売する予定であり、クロスジェンではなく、代わりに彼らのPS専用になると言いました。もちろん、これらのゲームの1つが次のBluepointタイトルであると想定されますが、もちろんソニーが公式発表を行うまでは断言できません。

もちろん、そこにあるいくつか のタイトル  ます  PS5にクロスプラットフォームは、彼らがファーストパーティーゲームでなくても、 たとえば、Watch Dogs:Legion  はクロスジェンタイトルとして確認されていますが、UBIソフトの Rainbow Rainbow Quarantine と  Gods and Monsters も同様に追随しています。


関連リンク


ソニーはマイクロソフトとは一線を画す戦略を取り続けて、PSの優位性を確保していきたい狙いがありそうですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment